houtou blog

TVやFMラジオの遠距離受信の話題や日常生活など、気ままなblogですが、どうぞお気軽にお読み下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TECSUN PL-390の購入

今まで出張受信の際には、車にフルサイズのFM/AMチューナー(Victor FX-711)を積んでいましたが、このチューナーも普段はラック内で配線されており、調査の度にラックから取り出すのも大変ですし、移動中に壊すリスクがある為、あまり持ち出したくは無いもの。。。昔のバブル期に製造されたチューナーは性能が良いのですが、現在では修理不可なケースが多いです。

もう少し軽装化するのも良いのでは?と言うことで、多くのDXerの方々が使用され、評判の良い中華ラジオのTECSUN PL-390を購入しました。

PL-390-1
TECSUN PL-390
全波段数字解調立体声収音机・・・フルバンドデジタル復調器ステレオラジオ(Google翻訳にて)

中国製のFM/SW/MW/LW受信のBCLラジオです。国内でBCLラジオと言えば今はSONYぐらいでしょうか。高校時代はSONYのICF-SW7600GRなどに憧れた物です(笑

PL-390-2
思っていたよりも、本体サイズが小さいです。(2分配器はサイズの比較用)

PL-390-5
本体側面(右)

PL-390-6
本体側面(左)

側面にはチューニングダイヤルとボリュームダイヤルの他、外部アンテナ入力端子(FM/SW用)、ヘッドフォン端子、外部LINE入力端子、USB端子があります。外部アンテナ入力はFMラジオの出張受信の際に、八木式FMアンテナを使う時は必要ですね。受信音声の録音は、ヘッドフォン端子から外部のレコーダー等へ音声を入力すればOKです。

中華ラジオですので、もちろん取扱説明書も中国語です。今回は日本語版の取扱説明書が付属していましたが、直訳のため今ひとつ意味が理解しにくいです。大半は直感的に操作が出来ますので、日本語版の取扱説明書は横に置いたままです(^^;

PL-390-3
日本語版の取扱説明書

PL-390-4
ブロック図付きです。この中華ラジオの一番の特徴はDSPチップで受信処理をすることでしょう。

外部アンテナ入力端子は3.5mmミニジャックとなっています。外部アンテナと接続してFMまつもとを受信してみました。FMまつもとは本体のロッドアンテナでも受信が可能ですが、外部アンテナ入力端子が正常に機能するかのテストです(笑

PL-390-7
FMまつもとを受信中。

ディスプレイにはdBμとS/Nが表示されますが、これは本来のdBμの値では無いようなので、dBμの値はレベルチェッカー等で確認し参考にはしない事にします。

あまり期待のしていなかったステレオスピーカーですが、通常聴く分には差し支えの無い品質です。受信状態にもよりますが、ステレオ感も十分にあります。

ヘッドフォンで受信音声を確認したところ、DSP特有なのでしょうか。解像度の高いクリアーな音質ではありますが、普段使っているSONY ST-S333ESAと比べますと、ややノイズが多く感じる音質ですね。DSPチップ搭載ラジオの性能は、受信感度と言うよりも隣接妨害波の除去能力に優れているようですね。ちなみにAMラジオの性能は普通相当ですね。短波などはまだ試していません。

最近のカーラジオにもDSPチップは搭載されていますが、隣接局があっても意外と混信せずに受信をすることが出来るのは、このDSPチップによるものですね。TECSUN PL-390の隣接妨害波の除去能力に関しまして、また実家で試してみたいと思います。

PL-390-8
SONY ST-S333ESA

有名なSONYのFM/AMチューナーです。出来れば90MHz以上に対応(FM補完中継局に対応)した性能の良いチューナーを改めて作って頂きたい物です。

コメント

初めてコメントさせていただきます。

当方もTECSUN PL-505を数か月前に入手して、出張受信ではFMが大活躍です。PL-390についてるかはわかりませんが、PL-505には「延長ロッドアンテナ」なるものがついておりまして。それを装着することにより信じられない感度になりました。

…とは言っても。4素子程度の屋外FMアンテナ接続か、あるいはカーオーディオ並みの感度に並ぶぐらいでしょうかね。自分は自家用車もありませんし、屋外FMアンテナを持って出張受信した経験もありませんので、驚くようなことばかりなのでしょうが、houtouさんのように日頃から多素子のアンテナを使用している人の感覚ではその感度が普通なのかもしれません…。(^^;

個人的に驚いたTECSUN PL-505での受信結果は、福岡県の周防灘沿岸でのFM802をモノラル受信と香川県域をステレオ受信、福岡市の志賀島にて鹿児島の阿久根局受信、古賀市の沿岸部で島根県の浜田局受信、あたりですね。

  • 2015/10/05(月) 11:52:52 |
  • URL |
  • らてをさん(ラテ夫さん) #M4qCDXFI
  • [ 編集 ]

ICF-SW7600G(中古)+UZ-77S(ループアンテナ)でも沖縄からだと東海ラジオが半分くらいしか解読できない(爆)。沖縄は外国波混信がひどいです。というわけで最近はradikoで東海ラジオやラジオ関西(青春ラジメニア)やエフエム大分(佐田玲子のサウンドステージ)を聞いています。

  • 2015/10/09(金) 20:44:31 |
  • URL |
  • BLUESTAR #-
  • [ 編集 ]

らてをさん(ラテ夫さん) さん

いつもありがとうございます。
延長ロッドアンテナは付属はしていなかったですね。機種によって付属品も異なるようですね。

4素子orカーオーディオ並ですと、十分な感度ですね。中々ポータブル機単体では、この様な感度で受信をすることも難しいかと思います。

私がPL-390を使って感じましたのは、超微弱波でも音声の確認がしやすい点ですね。DSPチップのおかげかも知れませんが、この点はとても良いと思いました。

逆にミニコンポのチューナーではステレオなのに、PL-390ではモノラル(しかも音が歪む)など、微妙に異なるケースもありましたね。


BLUESTAR さん

沖縄も立地条件柄、外国波の混信が酷いですね。CBCラジオは東海ラジオ以上に受信が出来ないのでは無いでしょうか。富山でもNGです。

最近はradikoで聴くことが出来ますからね。仮にradikoのビットレートが上がったとしますと、圧縮ノイズも減り、ラジオを聴くという面ではradikoユーザーもさらに増えそうですね。

  • 2015/10/21(水) 21:52:57 |
  • URL |
  • houtou #kDj9aPoo
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tvfm.blog.fc2.com/tb.php/878-a726895b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。