houtou blog

TVやFMラジオの遠距離受信の話題や日常生活など、気ままなblogですが、どうぞお気軽にお読み下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンテナの建て直し

実家では石川県の地デジを2006年の放送開始時から受信をしているのですが、ここ最近はデジタル混信を受けないMROテレビや石川テレビの受信状態が不安定になっておりました。以前はBERはエラーフリー、MERも25dB以上はあったのですが、ここ最近はBERはE-4、MERは20dB前後をふらふらしており、石川テレビに至っては時々ブロックノイズや酷くなるとブラックアウト状態でした。

石川県の地デジは1階屋根で受信しており、受信高としては高くは無いのですが、あまり高くアンテナを上げますと、NHK金沢やテレビ金沢・HABテレビと同一チャンネルに当たる新潟県の地デジ波が、春から秋にかけてダクト現象で伝搬しデジタル混信障害が酷くなるため、1階屋根の上が受信高としては手頃な高さでした。もちろんデジタル混信さえ無ければ、2階屋根の方が電界強度や電波の品質が良いのは確かです。

その様な中で、今年の雪で5素子のFMアンテナのダイポールが落下し、FMアンテナを交換しなければならなくなり、一緒にUHFアンテナも高さを若干上げることにしました。

アンテナ-1
交換前
FMアンテナのダイポールが落下し、無残な姿です。UHFアンテナも所々エレメントの欠落があります。
(FMアンテナ:八木アンテナ製 F-F5E UHFアンテナ:マスプロ電工製 LS30TMH)

アンテナ-2
交換後
(UHFアンテナ:マスプロ電工製 LSL27G FMアンテナ:マスプロ電工製 FM8)

屋根馬なども設置してから10年以上経っていますので、今回は全部新しく交換をしました。これまでは上からFMアンテナ・UHFアンテナの順でしたが、UHFアンテナの高さを若干上げたかった為、順序を逆にしました。同時にFMアンテナは5素子から8素子へ、UHFアンテナは家庭用の30素子から共同受信用の27素子となりました。


事前に仮のUHFアンテナ(マスプロ電工製 LS206)にて調査を行いましたが、石川県方面にある樹木が伸びてきた為なのか、多少高さを上げないとBER・MERは改善しませんでした。アンテナマストは3.2mありますが、先端にUHFアンテナを取り付けないと、MROテレビや石川テレビのBERはエラーフリー、MERも25dB以上になりませんでしたので、2006年の頃とは違い多少UHFアンテナの位置を高くする必要が出てきたようですね。

アンテナの方向調整はレベルチェッカー(マスプロ電工製 LCV2)を見ながら行っています。最終的にMROテレビや石川テレビのBERはエラーフリー、MERも25dB以上と2006年当時の状態へ戻りました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tvfm.blog.fc2.com/tb.php/870-ce064065
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。