houtou blog

TVやFMラジオの遠距離受信の話題や日常生活など、気ままなblogですが、どうぞお気軽にお読み下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニッサン バネットバン(マツダ ボンゴバン OEM車)のオーディオ交換

仕事でニッサンのバネットバン(マツダ ボンゴバンのOEM車)に乗っているのですが、走行中に掛かってくる電話に対応が出来るようにと、純正のオーディオからハンズフリー通話に対応した社外品のオーディオへ交換をしました。

<オーディオ等の交換は自己責任となりますので、作業をされる際は必ず自己責任の上で行って下さい>

純正オーディオ
こちらが元々の純正オーディオですね。

FM/AMのプリセットはそれぞれ5局まで出来ますが、関東だとちょっと足りないですね(^^;
79.7MHzのFM長野へ79.5MHzのNACK5が完全に被ってくるなど、FMの選択度はあまり良くない感じです。

一式
carrozzeriaのMVH-790と日東工業のNKK-T38D(取付けキット)を用意しました。
(マツダのボンゴバンのOEM車ですので、取付けキットはマツダ用を用意します)

取り外し中
マツダの純正オーディオはピンを差し込んで外す仕様のようですので、説明書に従ってピンを差し込み、グイグイと手前へ出していきます。中々手前に出せず、ちょっとコツが要りそうな感じでした。

インパネ外し
ハンズフリー用のマイクの配線もあるので、センターパネルも外しました。ハザードランプのボタンと灰皿、シガーライターを取り外し、オーディオとエアコンの左側にある小物入れボックスの奥のネジを1本外し、手前に引っ張ると外れました。
※無理に引っ張って、センターパネルの爪を折らないように注意が必要です。

配線
社外品オーディオ取り付け用の専用ケースを1DINスペースに差し込み固定し、carrozzeriaのMVH-790をマツダ用の変換ハーネスを使って接続します。

取付け
一通り配線が終わったので、グイグイと押し込みます。USBケーブルやAUXケーブルは、グローブボックス内へ引き込みました。

交換後
動作確認を終え問題が無かったので、センターパネルなどを戻して完了です。

取扱説明書に車のライトをONにするとディスプレイを暗く出来ると記載があるので、設定をしてみるものの、車のライトをONにしてもディスプレイは変化無しと言うよりも、設定後からディスプレイは暗くなったまま・・・?

説明書
取扱説明書の記載通りに設定をしたのですが・・・。

配線の時を思い出してみますと、そもそもイルミネーション端子を接続した覚えがありません。carrozzeriaのMVH-790にはイルミネーションの接続端子が無いのですよね。どうやら説明書の記載は間違いのようで、車のライトに連動してディスプレイを暗くするディマー機能は無いようです。

コストカットの影響でしょうか。。。ここはカットして欲しく無かった機能ですね(苦笑

とりあえず無事に純正オーディオから社外品のオーディオへ交換を終え、目的のハンズフリー通話以外に、iPodやUSBメモリ、Bluetoothオーディオも使える便利な仕事用の車になりました。FM/AMはそれぞれ12局プリセット出来ますので、逆に余ってしまいました。

コメント

?

消費税駆け込みでカーナビを買ってみました。
後日、取り付けしたら報告します。

なんとラジオバンドは、「日本」「アメリカ」「台湾」などから初期設定で選べるそうです。
ということは、87,5MHz-108MHzにもなるんですね。
面白いと思います。
韓国から買って来たカーラジオがありますが、それも不要になってしまうかもしれませんね・・・。

いずれ、日本も90-95MHzをFMにしますし、ガードバンドで100MHz以下で出る可能性がありますので、カーオーディオも拡張性を持つようにならざるを得ないでしょう。


  • 2014/04/01(火) 21:05:35 |
  • URL |
  • 日下 #FR6wCi5I
  • [ 編集 ]

日下さん

増税前の駆け込みは、各地で需要がかなり発生したようですね(^^;

さて、今回購入しましたカーオーディオもそうですが、受信周波数が76-90MHzまでなのですよね。今後、AM局がFM波にて90MHz以上の周波数で放送を始めた際に、対応が出来ないのが残念です。

ソフトウェアのバージョンアップ等で対応が出来るのでしたら良いのですが、ハードウェア上の話となりますと、もうお手上げです(苦笑

  • 2014/04/02(水) 19:24:04 |
  • URL |
  • houtou #kDj9aPoo
  • [ 編集 ]

取り付け完了しました。

FMは混変調に弱かったです。
ここは強電界(ベイエフエムまで3km、スカイツリー17km)なので、バンド全体が「ブーン」って感じです。
ラジカセみたいですね。
弱電界にはまだ行っていないので、どれほどの受信性能があるか分からないですが。
普通のカーオーディオはその辺も強くできているはずなのですが・・・。

そして、ラジオ設定を「台湾」にすると、0,05MHz刻みの87,5から108,0に「変身」しました。
しかし、「日本」設定のプリセットは後で戻しても消えていました。
地デジチューナーは変わっていません。

日本の地デジチューナーを積んでいますが、ラジオ部分は世界共用で設定で変わるんです。
便利なようなそうではないような・・・?
周波数帯域が広いので混変調にも弱いのかもしれません。
4万円程度なので、よしとするか?
AMは感度が良かったです。
昼間にラジオ福島が聞けました。

地デジは「追加登録」ができますので、移動しながらプリセットを増やして行けますね。
以前のワンセグは「一気に選局」しなければならず、なおかつ上書きされてしまうので、全局入れるのが大変でした。

一長一短がありますね。

  • 2014/04/10(木) 21:08:30 |
  • URL |
  • 日下 #FR6wCi5I
  • [ 編集 ]

日下さん

取付けお疲れ様でした。混変調に弱かったのは、誤算でしたね(^^;

ワイドバンド対応なので、今後AM局のFM再送信が開始されてましても、対応が出来ますね。

地デジは国によって復調時の違いがありますが、FMはアナログですし、変調方式も同じですからね。設計はしやすいと思いますね。

地デジの追加登録は便利ですね。上書きされる機種が多いように思いますので、この追加登録機能は良いかと思います。

  • 2014/04/27(日) 22:50:48 |
  • URL |
  • houtou #kDj9aPoo
  • [ 編集 ]

顛末は

地デジ部分がすぐに故障しました。

DTV NO SIGNALという表示のまま・・・。
つまりナビゲーションは世界共通であり、そこに日本の地デジチューナを載せていたのです。その部分が壊れたのですね。
または接続整合性の問題でしょう。

なくなく返品しました。
メーカーが言うには交換対応と言いますが、
外して、付けてをディーラーに頼めばすぐに万単位のお金がかかります。
あきらめて元からあったアナログナビに戻しました。
それでも2万近い損失です。

本体部分は「特別に」返金してくれましたが、工賃までは補償できないと言いますね。

中華系メーカーの不均一な品質ではずれを引くとこんなことになるんだと勉強になりました。

  • 2014/06/05(木) 11:28:21 |
  • URL |
  • 日下 #FR6wCi5I
  • [ 編集 ]

日下さん

1年未満の故障はなかなか辛いですね。交換対応と言えど、その都度工賃が発生する訳ですので、その部分は見てくれないのですよね。

日本の家電関係も当てはまるかも知れませんが、ハズレはあるのですよね。ただ今回はハズレ率が高かったのかも知れませんが・・・(^^;

勉強代と言いましても、やはり2万近い損失は厳しいですね。

  • 2014/08/10(日) 19:34:31 |
  • URL |
  • houtou #kDj9aPoo
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tvfm.blog.fc2.com/tb.php/854-a5aa49ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。