houtou blog

TVやFMラジオの遠距離受信の話題や日常生活など、気ままなblogですが、どうぞお気軽にお読み下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BEHRINGER SRC2496を導入

サンプリングレートやフォーマット変換・デジタルインターフェース変換・A/D変換・D/A変換などが可能なBEHRINGERのSRC2496を導入してみました。

SRC2496_1
正面より

SRC2496_2
背面より

SRC2496_3
背面のデジタル入出力端子

SRC2496_4
背面のアナログ入出力端子

入出力端子はデジタル:光・同軸・XLR、アナログ:XLRとなります。

※アナログ入出力を使用するときは、XLRコネクターの付いたケーブル、もしくはXLR⇔RCAの変換コネクターが必要になります。

SRC2496_5
設置してみました・・・。見た目もかっこいいですね(笑

SRC2496は業務用機器ですので、19インチラック・1Uサイズです。19インチラックがありませんので、そのまま直置きです。足がありませんので、手頃な足をSRC2496の下に付けると良いかも知れませんね。

大まかにこのSRC2496で出来ることを紹介しますと

・A/D、D/Aコンバーター
・AES/EBUやS/PDIF間のフォーマット・インターフェースの変換が可能
・31kHz~100kHzまでのサンプリングレートを32kHz・44.1kHz・48kHz・88.2kHz・96kHzへ変換が可能
・デジタル出力時のワード長は16・20・24bitが選択可能
・エンファシスやコピープロテクション(SCMS)の有無の処理が可能
・ジッターの除去

などでしょうか。

今回は光デジタル出力しかない機器と同軸デジタル入力しかない機器を繋ぐために、SRC2496でインターフェースの変換を行う、D/Aコンバーターとして使うと言う目的より購入に至りました。サンプリングレートやワード長の変換が可能ですので、44.1kHz 16bitの音源を、88.2kHz 24bitへアップサンプリングすると言った使い方も出来ますね。


さて、D/Aコンバーターとして使う際に気になる音質ですが、音の解像度が高く手を加えていないモニター音質とでも言うのでしょうか。本来はスタジオなどで使う業務用機器としての位置づけですので、音そのものが大きく加工されていますと、逆に困りますからね。

低音などが特別強調されることもなく、比較的フラットな音のように聞こえますね。この辺は聴く人の耳によって意見が変わってくると思いますので、あくまでも参考までにお願い致します(^^;


様々な機能を搭載していますが、価格も15,800円(サウンドハウス様にて)とお手頃ですので、コストパフォーマンスの良い機器の一つと思いますね。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tvfm.blog.fc2.com/tb.php/849-9605333b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。