houtou blog

TVやFMラジオの遠距離受信の話題や日常生活など、気ままなblogですが、どうぞお気軽にお読み下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハードディスクからSSDへの交換

普段使っているSONYのVAIO TypeSは、今年の3月頃にオーダーメイドモデルで購入をしたのですが、頻繁に起動に失敗しブルースクリーンとなり、再起動をすることが多かったです。

確認のためCrystalDiskInfoをインストールして、ハードディスクの状態を確認してみたところ、“注意”と黄色信号になっていました。不具合の項目は「代替処理済みのセクタ数」が増えている事でしたので、起動に失敗することとの直接の関係は無さそうですが、あまり気持ちのよい物ではありませんので、ハードディスクを交換する事にしました。

まだ買ったばかりなので保証の対象内ですが、ハードディスクが完全に壊れているわけでもないので、SONYへは修理に出さずに保証の対象外になる事を承知の上で、先週の日曜日に自分でハードディスクを交換しました。

今は500GBのハードディスクが搭載されていますが、実際には100GBも使っていませんので、この機会に前々から使ってみたかったSSDをハードディスク代わりに搭載してみる事にしました。

SSD
Micron製SSD(128GB)

SSD2
ハードディスクは裏蓋を外すと顔が出てきます(VAIO TypeS 2011年春モデル)

SSD3
新しく買ってきたSSDへ交換して完了です。

後は事前に作成をしておいたリカバリーディスクを使って、初期状態に戻すだけです。


以下はCrystalDiskMarkでハードディスクとSSDのベンチマークを測定した結果です。

交換前
交換前(ハードディスク)

交換後
交換後(SSD)

ぱっと見ただけでも、数値が上がっていることが分かりますね。Windows 7のパフォーマンス表示でも、なかなかよい結果が出ています。

パフォーマンス
プライマリハードディスクの転送速度のスコア:7.7

数値上でもパフォーマンスは上がっていますが、実際に体感速度も十分に上がっていますね。起動時間の短縮、起動直後に即Firefoxが使える点も満足しています。

これまでは電源を入れてからCドライブを開くまで、2分25秒近くかかっていたのですが、SSDへ交換したことにより、24秒へ短縮されました。と言いますか、まだ新しいパソコンなのに2分25秒もかかっている事がおかしいような気がします・・・(苦笑

SSDを使い始めて1週間が経ちましたが、特にプチフリも無さそうなので、ストレスを感じることも無くパソコンを使っています。1度のみ本体がフリーズした事がありましたが、その時はアクセスランプが点灯したままになってしまい、タスクマネージャーも開くことが出来ませんでした。
(電源ボタン長押しで強制終了)

SSD自体がフリーズしてしまったのかも知れませんね(^^;


※ハードディスク・SSDを交換される際は、自己責任となりますのでご注意下さい。またメーカー保証が残っている場合は、保証の対象外となりますのでご注意下さい。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tvfm.blog.fc2.com/tb.php/796-157d5dce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。