houtou blog

TVやFMラジオの遠距離受信の話題や日常生活など、気ままなblogですが、どうぞお気軽にお読み下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無線LANアクセスポイントの交換

無線LANアクセスポイントの調子が悪くなってしまったので、新しく買い直しました。これまでは有線ルーター(corega CG-BARFX2)+アクセスポイント(I-O DATA WN-WAPG/A)で構成をしていたのですが、今回はルーター一体型の無線LANルーターにしました。

無線LAN
NEC AtermWR8700N(HPモデル)
理論値で最大300Mbpsが出る11n規格モデルです。ノートパソコン側が11nに対応していない為、USB子機セットにしました。

これまで使っていた有線ルーターとアクセスポイントを取り外し、新しく購入した無線LANルーターに入れ替えたところ、これまではずっと表示がされなかった、レオネットへ接続する為のユーザーIDとパスワードの入力画面が、頻繁に表示されるようになりました。

※レオネットは一定時間の通信が無いと、自動的に切断がされるようになっています。

これまで使っていた有線ルーターは、時刻合わせの為に頻繁にNTPサーバにでもアクセスをしていたのか分かりませんが、何かしらの通信があった為にレオネットから切断がされなかったようですね。

毎回レオネットへ接続する為に、ユーザーIDとパスワードを入力するのは面倒なので、結局これまで使っていた有線ルーターを再度使う事にし、今回購入した無線LANルーターはルーター機能をオフにして、アクセスポイントとして使う事にしました。

これまでは下りが10Mbps、上りが26Mbps程度だったのですが、新しく購入した11n規格の無線LANは、有線LANと同じ速度が出ていますね。横浜に来た5月頃は、ここまで下りの速度が遅く無かったのですが、最近は徐々に速度が低下するようになりました。

11g(交換前)
アクセスポイント交換前(11g)

11g(交換後)
アクセスポイント交換後(11g)

11n
アクセスポイント交換後(11n)

これまで使っていたアクセスポイントはiPhoneとの相性が悪いのか、無線LANの認証は出来るのですが、なぜかインターネット接続は不安定で使い物になりませんでしたが、今回買い替えた無線LANルーターは、問題なくiPhoneでインターネットに繋がりますね。


今回の速度測定は「Radish Network Speed Testing」様を使わせて頂きました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tvfm.blog.fc2.com/tb.php/772-e63145b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。