houtou blog

TVやFMラジオの遠距離受信の話題や日常生活など、気ままなblogですが、どうぞお気軽にお読み下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CD-Rのエラーチェック

パソコンを使って音楽CDを作成し始めたのは、中学の2年生からと言うことで、手元にはかなり多くのCD-Rがあるのですが、そろそろ気になるのは経年劣化をしていないかと言うことですね。試しに2001年頃に書き込んだCD-Rのエラーレベルをチェックをしてみました。保存状態には気を使っていますが、どうしても劣化する時は劣化してしまうのですよね・・・(^^;

測定ソフト:Nero CD-DVD SPEED 測定ドライブ:LITE-ON LH-20A1S

・三菱化学製 16倍速CD-R 色素:スーパーアゾ 書き込み速度:8倍速 書き込みドライブ:TEAC製(CD-W58E)
三菱

年数が経っている割りには、エラーレベルは低く安定していますね。昔の三菱製のCD-Rはスーパーアゾと言う色素を使っており、記録面がかなり濃い青色をしていましたね。今は高速書き込みに対応出来るように、ソニックアゾと言う薄い青色の色素を使っていますね。※フタロシアニンを使っている三菱製のCD-R(Prodisc製)もあります。

・太陽誘電製 32倍速?CD-R 色素:シアニン 書き込み速度:8倍速 書き込みドライブ:TEAC製(CD-W58E)
太陽誘電

レーベル面からは記録速度が確認出来ませんでしたので、Nero CD-DVD SPEEDからCD-R情報を確認しました。太陽誘電のCD-RとTEACのドライブの相性が良かったのか、ほとんどエラーが無いようですね。プレスCDと大差がないのではないかと思います。

当時使っていたパソコンのCD-RWドライブは、TEAC製のCD-W58Eだったのですが、最大書き込み速度が8倍速と言うこともあり、全体的にエラーレベルが低く記録されている印象を受けますね。最近は48倍速で書き込んでいるので、それなりにエラーがありますが(苦笑

・太陽誘電製 48倍速CD-R 色素:シアニン 書き込み速度:48倍速 書き込みドライブ:Panasonic製(SW-5584)
※先日書き込んだCD-Rです。
太陽誘電2

高速書き込みですが、再生には問題の無いレベルかと思いますね。


なお、TEACのCD-W58Eと言うCD-RWドライブは、以下のリンク先からスペックを確認出来ます。

TEAC・CD-W58ETEACのHPより)

コメント

お久しぶりです。
うちにある一番古い部類のCD-Rは1997年に書き込んだ太陽誘電の650MB物ですね。当時のCD-Rは反射材に金を使っており、裏面は濃い緑色をしています。
当時使っていたCD-Rドライブは松下のCW-7501という2倍速ドライブ。2倍速で書くとエラーになるのでいつも1倍速で書いてました。
CD-Rの値段は安売りで10枚8800円くらいしていたはず。今考えるととんでもない値段していました。

最近、上記のCD-RがPioneerのドライブでは読めず、LG電子のドライブなら読めるといった現象が起こってます。そろそろバックアップは必要かもしれませんね。

  • 2009/12/26(土) 00:30:16 |
  • URL |
  • のっぽさん #-
  • [ 編集 ]

のっぽさん お久しぶりです。
2倍速ドライブ・・・時代を感じさせますね。CD-Rも10枚で8,800円とは(^^;

教授から聞いたことがあるのですが、当時のCD-Rはとんでもなく高価だったようですね。確か1倍速で書き込んでいたと聞いています。
書き込みミスもかなり多かったようで、書き込みミスで駄目になったCD-Rは、高価な“コースター”として、研究室内で投げて遊んでいたそうです(苦笑

劣化の始まったディスクは、ドライブによって読めたり読めなかったりしますね。そろそろバックアップをしないといけない時期なのかも知れませんね。

  • 2009/12/28(月) 02:29:31 |
  • URL |
  • houtou #kDj9aPoo
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tvfm.blog.fc2.com/tb.php/697-55359c27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。