houtou blog

TVやFMラジオの遠距離受信の話題や日常生活など、気ままなblogですが、どうぞお気軽にお読み下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1000Mbps(1000BASE-T)への切り替え

前回、前々回とウイルスバスター2009からウイルスバスター2010へバージョンアップを行った際に発生する不具合について書きましたが、先日は公開されていた「ウイルスバスター2010 かんたん!インストール」と言う特設サイトが無くなり、代わりに「インストールの前に、現在インストールしているウイルスバスター2009を必ずアンインストールしてください。」と注意書きの書かれた通常のバージョンアップサイトに差し替えられていました。

ウイルスバスター2010_不具合
ウイルスバスター2010 無料バージョンアップTREND MICROサイトより)

どうも不具合の内容は修正されていないようで、かんたん!インストールを使ってバージョンアップを行った場合、先にウイルスバスター2009をアンインストールせずにウイルスバスター2010をインストールしてしまう為、不具合を回避出来ないと判断し公開を中止したようですね。私もかんたん!インストールを使えば不具合が発生しないのかと思いやってみたところ、バッチリ不具合にはまってしまいましたからね・・・。
現状ではウイルスバスター2009を先に手動でアンインストールをする事以外に、不具合を回避する方法は無いようですね(^^;


話は変わりますが、本日部室内のLAN回線の転送速度を、100Mbpsから1000Mbps(1000BASE-T)へ変更をする作業をしてきました。撮影や制作した映像データを、それぞれのノートパソコンからLANを通して部室のデスクトップパソコンの共有フォルダへ転送をする事があるのですが、1つのデータサイズが1~12GB程度あり、なるべくスムーズに転送が出来た方が良いと思い、部室内のスイッチングハブを1000Mbps対応の製品に全て交換をしました。

実際に2.5GBのデータを使い転送のテストをしてみたところ、100Mbpsで転送をしていた時よりも体感的に速度が速くなっている事が分かり、変更をしただけの事はあったかなと言った感じです(笑

アパートで使っているスイッチングハブは、先週LANハードディスクを導入した際に1000Mbps(1000BASE-T)対応のタイプに交換をしたので、LAN内のみは1000Mbpsへなりましたが、普段使っているノートパソコンのLANポートは100Mbpsまでなので(デスクトップパソコンは1000Mbpsです)、1000Mbpsに対応したPCカード型のLANボードを買ってきました。

LAN1
BUFFALO LPC-CB-CLGTBUFFALOサイトより)

LAN2

LAN3

ドライバーをインストールして完了です。確認の為、LANケーブルを内蔵のLANポートからPCカードのLANポートへ差し替えてみましたが、特に問題は無いようですね。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tvfm.blog.fc2.com/tb.php/675-8ad3144e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。