houtou blog

TVやFMラジオの遠距離受信の話題や日常生活など、気ままなblogですが、どうぞお気軽にお読み下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケーブルテレビショー2009

本日から明日まで東京ビッグサイトで開催されている「ケーブルテレビショー2009」を見てきました。

ケーブルテレビショー2009

CATV-1

このイベントは主に業界人向けのイベントであり、CEATEC JAPANなどとは違い、一般の人はそれ程見かけなかったような気もします。受付で首から掛ける入場タグを貰うのですが、ただの一般人(業界人では無い)と言う選択肢は無く、放送局関係者や番組供給者・・・一般ビジネスと言う選択肢しかありません。
とりあえず学生ですが、一般ビジネスと言う選択肢を選び、首からタグを掛けていました(^^;

CATV-3
更にスーツ姿で行ったので、ぼちぼちどこかの企業の者だと勘違いされました。

2011年7月24日のアナログ放送停波に向けて、各社は様々な製品を出していましたが、ホテルや病院などではアナログテレビの一斉買い換えが難しいと言う事で、地デジの電波をパススルー+アナログの電波に変換をして既存のアナログテレビでも地デジが観られると言う「デジタル・アナログヘッドエンド装置」がチラホラ目に付きましたね。
昨年の夏に長野を訪れた時に泊まったホテルでは、地デジがアナログ信号に変換されていましたので、デジタル・アナログヘッドエンド装置を導入しているものと思われます。

CATV-2

今回のケーブルテレビショーで一番気になったのは、NHKアイテックのブースにありました地デジの「家庭用同一チャンネル障害除去装置」(正式名称は異なる可能性があります)ですね。これはスタックを組み、ヌルポイントを形成しても混信が除去出来ない際に、混信源の局の信号を除去すると言う装置です。

地デジでは軽度の混信では、画面にブロックノイズが発生する程度ですが、重度の混信になりますと完全に受信不可になります。デモでは強い混信をあえて与えていたようで、この装置のスイッチを切ると、完全に受信不可になっていました。装置のスイッチをON/OFFして貰いましたが、かなり効果があるようでした。

私がこの装置で特に気になったのは“家庭用”と言う事ですね。が、どう見ても出品されている装置は明らかにサイズが大きく業務用の形状をしています・・・。担当者に確認をしましたところ、今後LSIなどを小型化し、家庭でも使えるサイズにするとの事でした。同一チャンネル障害に悩まされている身としては、早期の小型化をお願いしたいですね。家庭用との事なので、価格も業務用の様に目の飛び出る様な価格にはならないと思うのですがね・・・(苦笑

コメント

ケーブルテレビショーなんてやってるんですね。私の実家もケーブルテレビです。地デジはテレビが地デジ対応なんで、ケーブルテレビの地デジは全く見ないです。BSやCSは見ます。かなり重宝します。ただ、実家のテレビはe2スカパーも対応なんですが、ケーブルテレビでCSが見れるんで、e2スカパーがもったいない気がします。e2の方が見れるチャンネルは多いので。あと、CSの音楽チャンネル(スペースシャワーTV)とかの音質はどのくらいあるんですかね?ケーブルテレビのチューナーとコンポを線で繋いで録音が確か出来たと思うので。長々すみません。

  • 2009/06/19(金) 01:50:32 |
  • URL |
  • ongaku-suki #-
  • [ 編集 ]

お久しぶりです。諸事情により数ヶ月巡回が止まってたりしたんですが、つい最近再開できました。

> 地デジの「家庭用同一チャンネル障害除去装置」
すごい気になりますね。というか実家にこれ必要だなーと思いました。(ITVとRSK、EBCとOHKが同一ch妨害によりうまく受信できない)

  • 2009/06/19(金) 23:56:20 |
  • URL |
  • S.A Studio #wr80fq92
  • [ 編集 ]

ongaku-sukiさん
何でもイベントがあるものですね。個人的には参考になったかと思いますね(笑

ケーブルテレビの場合、スカパーのチャンネルが見られますが、結構流れているチャンネルが限られてきますからね。その点スカパーの直接受信は制限が無く、手軽に多チャンネルが見られますからね。

CSの音楽チャンネルの音声ビットレートですが、AACの144~256kbpsで流しているようです。スペースシャワーTVが256kbpsで、他は144kbpsだったと記憶しています・・・。

S.A Studioさん お久しぶりですね。
私もこれは早期に製品化をして欲しいですね。全国的にも地デジの混信は発生しているようですし、2011年のアナログ停波までには是非!と言ったところです。

それにしても・・・下手なチャンネルプランは勘弁して欲しかったですね。

  • 2009/06/20(土) 02:52:19 |
  • URL |
  • houtou #kDj9aPoo
  • [ 編集 ]

下手なチャンネルプランで思い出しましたが、
確か地デジは同一周波数中継(SFN)というのがあったような気がします。
これをうまく駆使すれば、エリア外の局との混信は避けられそうな気がするんですが、北陸ではあまり採用されていないみたいですね。
やはり、スピルオーバーを潰すためなんでしょうか・・・

  • 2009/06/20(土) 11:12:02 |
  • URL |
  • Y-OKA #9enIUaYc
  • [ 編集 ]

Y-OKAさん
同一周波数中継(SFN)は確かに地デジの技術の一つですね。ただ、同一周波数を使うと言う事で、目的局以外から同じく同一周波数を使った中継局などの電波が届いている環境ですと、遅延波の遅れ具合によっては、ガードインターバルの範囲内を超えてしまう為、受信障害が起きる事があるようです。

富山県ですと、SFNを使っている中継局はありませんね。福光局も21chや29chで地デジの中継をしていますからね・・・。呉羽山との距離を考えましても、SFNは可能だと思うのですが、やはりスピルオーバー潰しですかね(^^;

  • 2009/06/23(火) 13:43:33 |
  • URL |
  • houtou #kDj9aPoo
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tvfm.blog.fc2.com/tb.php/646-34c2478c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。