houtou blog

TVやFMラジオの遠距離受信の話題や日常生活など、気ままなblogですが、どうぞお気軽にお読み下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GW最終日

今日でGWも終わりですね。GW最終日は全国的に天気が悪く、どこにも行かなかったという方もいらっしゃるかも知れません(^^;

千葉に来た時から気になっているのですが、普段は問題なく受信出来ているTOKYO-MXの受信状態が、時々悪くなる事があります。アナログではスノーノイズが増えてザラザラ画面になり、デジタルは受信レベルの低下によりブロックノイズ(ひどくなるとブラックアウト)が発生します。

TOKYO-MXのデジタル放送の受信レベルは普段50程度(松下製 TU-MHD500において)あり、それ程電波は弱く無いのですが、時々受信レベルが35付近まで落ち、受信状態が不安定になります。
なぜアナログ・デジタルともに受信状態が悪くなるのかよく分かりません・・・。特別変わった電波障害も無いので、純粋に?電波が弱くなっているだけのようです(汗
一応エリア外での受信なので、映らなくなっても仕方が無いのですが、出来れば常時安定して受信が出来るようにしたいですね。今はアパートの共同受信設備(普通の14素子UHFアンテナ)で受信をしているのですが、個別にLS14TMHなどを設置すれば常時安定して受信が出来る様な気がします。

TOKYO-MXも常時安定して受信が出来るようにしたいのですが、最近はTOKYO-FMの方がマルチパスなどによりステレオ受信が厳しくなってきたので、本格的にFMアンテナ(位相給電方式)の設置を考えたいと思います。TOKYO-MXに関しては時々映らなくなる程度なので、アンテナの設置は今のところ考えていません。BSとCSアンテナを個別に設置しているおかげでスペースも無いですしね(汗

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tvfm.blog.fc2.com/tb.php/305-9a0167a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。