houtou blog

TVやFMラジオの遠距離受信の話題や日常生活など、気ままなblogですが、どうぞお気軽にお読み下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SPACE DiVA

SPACE DiVAを聴いてみようと思い、専用チューナーを用意しました。いきなり思い付いたのではなく、結構昔からいつか聴いてみようと計画をしていたのですがなかなか進まず、ずっと放置した状態でした(汗
SPACE DiVAとはミュージックバード(CS-PCM放送)とキャンシステム(有線放送)が共同で運営している、多チャンネルのデジタルCS音楽放送です。
SD1
見ての通りあまり安定した場所では無いので、近日中に別の場所に移動します(苦笑

面白いことにB-CASカードと同じようなカードをチューナーに差し込まないといけないようです。
SD2
カードの表と裏です。
SD3
カードのID番号は伏せてあります。

アンテナは以前ミュージックバード(CS-PCM放送)を受信していた時に壁に取り付けた物がそのまま残っているので、すぐに受信することができます。

早速カスタマーセンターに電話を入れ、スクランブルの解除をお願いしたところ数分後にスクランブルが解除され、全チャンネル(101~356ch)が聴けるようになりました。
聴いてみて実感したのですが、明らかに音質が良いチャンネルと悪いチャンネルが存在しますね。もともと音質に関しては、圧縮(MP2・64~256Kbps ※64Kbpsはモノラル)をしているのであまり良くないという事を聞いていたのですが、チャンネルによっては予想を遥かに上回る悪さでした(汗
現在ミュージックバード(CS-PCM放送)の方で契約をしているJ-HITSと言うチャンネルは、まだ録音できるかな?といった音質を保っているようですが、一昔前のJ-POPが流れているチャンネルやJ-POPのチャートが流れているチャンネルは、低ビットレート時に現れる“もやもや感”が結構ありますね。

ミュージックバード(CS-PCM放送)において、48KHzの高音質で放送しているクラシックやジャズなどのチャンネルは、さすがにビットレートが高くしてあるようできれいな音質です。

なおこのSPACE DiVAは業務用としても使うため、店用のBGMも流れています。ちょっと驚いたのが閉店BGMとして使われる蛍の光ですね。私が千葉でバイトをしている店で流れる蛍の光と全く同じなのです。店ではUSENを引いているので、SPACE DiVAを使っているのではないのですが、蛍の光のBGMはUSEN、SPACE DiVAとも共通と言うことなのでしょうか(^^;

さてこのSPACE DiVAですが、多チャンネルであるため音質に関してはあまり良くないですが、聴くものが無い時などBGM代わりとして使う分には、問題無しと言ったところですね(笑

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tvfm.blog.fc2.com/tb.php/261-fbb872a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。