houtou blog

TVやFMラジオの遠距離受信の話題や日常生活など、気ままなblogですが、どうぞお気軽にお読み下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

InterFM TOKYO 89.7MHzにて試験電波の発射を開始

6月24日にInterFM TOKYOが送信アンテナ高を上げるとともに、送信周波数を76.1MHzから89.7MHzへ変更をすると言う発表がありましたが、早速6月26日より89.7MHzにて試験電波が発射されました。6月25日の段階で既に微弱ながらも試験電波が発射されていたようですが、6月26日よりフルパワー(10kW)で試験電波が発射されたと思われます。

InterFM 89.7MHz
山梨県の富士吉田市にて受信しています。

試験放送時に流れているBGMは、昨年の2月末頃から3月31日まで実施していた電波伝搬実験の時と同じですが、定期的に流れるアナウンスは「こちらはJODW-FM インターエフエムです。周波数89.7MHz、出力10kW。ただいまサイマル放送を実施するための試験電波を発射しています。」へ変更されています。

ちなみに電波伝搬実験の時のアナウンスは「こちらはエフエムインターウェーブ、電波伝搬実験です。周波数89.7MHz、出力10kW。ただいま試験電波を発射中。」でした。
スポンサーサイト

InterFM TOKYO 周波数を89.7MHzへ変更して送信開始を発表

2014年2月末頃から同年3月31日まで、89.7MHzにて電波伝搬実験を行っていたInterFM TOKYOですが、この度正式に受信環境改善の為として、送信アンテナ高を上げて、2015年6月下旬から89.7MHzへ周波数を変更して送信が開始される発表がありました。

株式会社Inter FMの受信環境改善のための周波数変更総務省公式サイトより)

InterFM TOKYO 89.7MHzにて試験電波発射中(houtou blog 2014年3月8日)

周波数を変更するのは、送信アンテナ高を上げることによる他局との混信を避ける為ですが、現行の周波数である76.1MHzでの放送は10月末までの運用とするようですね。それまでは新周波数の89.7MHzと現行周波数の76.1MHzでサイマル放送を行うことになります。

送信アンテナ高を上げましたが、正式に東京タワーのどの位置(高さ)から送信されるのか発表はありませんが、旧TOKYO FMやJ-WAVE・NHK-FMの位置と推測されます。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。