houtou blog

TVやFMラジオの遠距離受信の話題や日常生活など、気ままなblogですが、どうぞお気軽にお読み下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケーブルテレビとアンテナ受信の混合(北陸朝日放送 デジデジ混信対策)

お盆休みを利用して、実家に帰省しました。東京都内と違い、アスファルトが少ない為でしょうか(水田ばかりです・・・)、日中でも体感気温が比較的低めに感じられますね(^^;


さて、アナログ放送も終了してしまい、これまで新潟波によるデジデジ混信により北陸朝日放送が見られない時は、アナログ放送に切り替えて見ていたのですが、それも出来なくなってしまいましたね。

受信点で北陸朝日放送のデジデジ混信を除去するのは困難な為、単独で居間までのみ引いてあるケーブルテレビから、パススルーで流れている北陸朝日放送を取り出し、家のアンテナ共聴と混合をする事にしました。ついでにコミュニティーチャンネルもアンテナ共聴と混合をすることで、どの部屋でもコミュニティーチャンネルが見られるようにしました。


準備をした物は以下の物です。

資材
・チャンネル指定ミキサー(23ch:北陸朝日放送+33ch:コミュニティーチャンネル)
・3分配器
・23ch~27ch減衰フィルター ※サイトウ共聴 WEF-(U23-U27)K
・19chカットフィルター ※サイトウ共聴 TF-2K(U19)

チェッカー
・マスプロ電工製 レベルチェッカー(LCN3)※知り合いの業者の方より借用
・アッテネーター各種

系統図
今回はこの様な系統で、ケーブルテレビからの2波とアンテナ共聴を混合することにしました。赤部分が作業箇所です。

ケーブルテレビからの北陸朝日放送(23ch)をアンテナ共聴へ混合する為には、アンテナから入ってくる北陸朝日放送(23ch)の直接波をカットする必要がある為、フィルターを入れてカットします。

また、我が家では新潟向けのUHFアンテナで、新潟総合テレビ(19ch)とテレビ新潟(26ch)も受信が出来るようにしてあるのですが、石川向けのUHFアンテナが山岳で反射した新潟総合テレビ(19ch)とテレビ新潟(26ch)も受信してしまい、混合をした際にCNやBERが悪くなってしまう恐れがある為、石川向けのUHFアンテナ側に19chと26chもカット出来るようにフィルターを併せて入れました。

フィルター
自己融着テープ+ビニルテープで防水処理をしてあります。


ケーブルテレビから北陸朝日放送とコミュニティーチャンネルを取り出す為に、保安器の横に3分配器を取り付け、ケーブルテレビ上に流れている他のチャンネルがアンテナ共聴の方に妨害を及ぼさないように、チャンネル指定ミキサーを使い、
バンドパスフィルター代わりとしています。

保安器
既設の保安器

保安器2
3分配器取り付け後

ミキサー
チャンネル指定ミキサー取り付け後(一番下のミキサーです。真ん中は新潟局用です)

ブースター
新潟局+石川局+ケーブルテレビ(2波)を混合する為に、3分配器(写真上では真ん中)を逆接続で混合をします。

ケーブルテレビからの2波(北陸朝日放送・コミュニティーチャンネル)の入力レベルが高いと思い、アッテネーターを用意したのですが、我が家はケーブルテレビのUHF帯域のレベルがあまり良くないこともあり、アッテネーターは不要でした。

レベルチェッカーで測定をしたところ、問題は無さそうでしたので、無事に作業は終わりました。

全景
受信点 全景(上:石川局受信用 下:新潟局受信用)


我が家のチャンネルプランは以下の様な感じとなりました。ケーブルテレビのみの場合、視聴が出来る県外局は北陸朝日放送のみになってしまいますが、アンテナ受信と混合をすることで、富山+石川の全局が視聴出来ます。

1:北日本放送
2:NHK Eテレ 富山
3:NHK総合 富山
4:テレビ金沢(時々デジデジ混信により受信不可)
5:北陸朝日放送(ケーブルテレビより)
6:MROテレビ
7:チューリップテレビ(ケーブルテレビより)
8:富山テレビ
9:石川テレビ
10:NHK総合 金沢(時々デジデジ混信により受信不可)
11:テレビ新潟(異常伝搬時のみ)
12:コミュニティーチャンネル(ケーブルテレビより)


中々大がかりな作業でしたが、これで安定して北陸朝日放送も見られますので、良かったかと思います。混信除去装置の発売も無さそうですので、我が家でのデジデジ混信対策はこれで終止符かも知れませんね。


※指定チャンネルミキサーは指定したチャンネルから約±2~3chは、電波がカットされずに漏れてしまいます。また減衰フィルターも、指定したチャンネルから約±2~3chは電波が減衰されてしまいます。隣接チャンネルは一番影響を受けますので、ご注意下さい。

今回はアンテナ共聴側に流れている21chのチューリップテレビ(福光局)が、減衰フィルターにより電波が弱くなってしまった上に、ケーブルテレビから他チャンネルが混ざってしまったため受信不可になりましたが、チューリップテレビは22chでケーブルテレビ上に流れており、そちらが漏れて入ってきてますので、テレビの受信チャンネルを変更することで対応しました。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。