houtou blog

TVやFMラジオの遠距離受信の話題や日常生活など、気ままなblogですが、どうぞお気軽にお読み下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静岡県伊東市での東京局受信(地デジ)

関東では何もしなくてもキー局が全局見られると言う事で、遠距離受信とはほぼ遠い生活を送っておりますが、今回は久しぶりに遠方へ出て、出張受信を行ってみました。

今回出張受信で訪れたのは、静岡県の伊東市です。

静岡県の熱海市や伊東市、その近辺では、東京タワーからの電波が届くため、昔からVHFアンテナを東京タワーに向けて、東京キー局を見るのが一般的です。もちろん初島に熱海中継局(UHF局)がありますので、静岡県のテレビ局を見ることも可能です。

東京タワーからの電波が届いているのであれば、やはり静岡県のテレビ局ではなく、東京キー局を見たくなりますよね・・・(^^;

地デジではどうなのかと言いますと、海沿いの地区(東京方面が開けている事が条件)では、小田原中継局(以下小田原局)、もしくは東京タワー(以下東京局)からの電波が受信できるケースが多いです。しかしながら、この2局はNHK総合を除き、同一チャンネルを使っているため、小田原局と東京局の両方の電波が届く場所では、東京局からの遅延波によるデジデジ混信が発生してしまいます。

位置関係
位置関係(Googleマップより)

小田原局からの電波のみが受信できれば良いのですが、東京局からの電波も受信できてしまう場合は、東京局から126μS以上遅れて遅延波が届くため、ガードインターバルを超えてしまい、結果として受信レベルは高いものの電波の品質が悪く、ブロックノイズが出る、フリーズするなどの受信障害が発生してしまいます。

以前熱海市で小田原局の受信を試みた時は、東京局からの遅延波によるデジデジ混信がありました。テレビ神奈川に関しても、三ツ池局(親局)からの遅延波があり、デジデジ混信がありました。こちらは東京局、三ツ池局からの電波をなるべく受信しない場所にアンテナを設置することで、解消出来る場合があります。


今回受信調査に使ったのは、マスプロ電工のLS20と同社のLCV2と言うレベルチェッカーです。このLCV2は、遅延プロファイルが表示できるため、遅延時間の確認が出来ます。

測定場所は伊東市の猪戸地区ですが、小田原局と東京局の両方の電波が届いている事を確認するため、あえて高い位置で受信をしました。受信アンテナの高さは約35m近くあり、一般的な高さではないことをご了承下さい。


以下は小田原局方面へLS20を向けた時の測定値です。

23ch 小田原 レベル
小田原局(23ch・テレビ東京)の受信レベル

23ch 小田原 BER
小田原局(23ch・テレビ東京)のBER <受信不可>

26ch 小田原 BER
小田原局(26ch・NHK教育)のBER <CN値は十分ですが、エラーが多いため、ブロックノイズ、フリーズがひどいです>

レベルは低めですが、やはり気になるのは電波の品質ですね。23chのテレビ東京はCN値が15dBしかなく、BERもE-2と出ており、受信が出来ない範囲です。レベルが低いので、CN値や電波の品質が悪いとも考えられるのですが、この状態で遅延波を確認しますと、デジデジ混信が原因だと分かります。

23ch 小田原 遅延
小田原局(23ch・テレビ東京)の遅延プロファイル ※点線の位置が126μSです。

小田原局からの電波と東京局からの電波が、ほぼ同じ強さで届いている事が分かりますね。遅延時間は126μS以内ですが、両局のレベル差が無いため、デジデジ混信を起こしています。テレビ神奈川に関しても、三ツ池局(親局)からの遅延波があり、デジデジ混信を起こしているようです。

数cmアンテナの位置を変えただけでも、受信状況が大きく変動するほど受信状況はシビアです。思ったよりも東京局からの電波が強く、また小田原局との角度差が狭いため、どうしても東京局からの電波が入り込んでしまいます。
小田原局ではなく、東京局からの電波を受信しようと東京タワーへ向けると、今度は小田原局からの電波が入り込むため、中々受信は困難です。

問題なく受信をするためには、どちらかの局の電波を遮る必要があるため、かなり念入りに受信点を探す必要があります。また受信アンテナの高さも低い方が、良いケースが多いです。今回の調査のように、高い場所で受信をするのは、小田原局と東京局の両方が入りやすいので、逆効果になりやすいです。

今回は小田原方面に遮へい物(コンクリート製の建物)がありましたので、建物のそばまで移動し、東京タワーへアンテナを向けてみました。

21ch 東京タワー レベル
東京局(21ch・フジテレビ)の受信レベル

21ch 東京タワー BER
東京局(21ch・フジテレビ)のBER <受信可能>

完全に小田原局からの電波がカットされたようですね。場所が良いのか、受信レベルも小田原局よりは高めです。
遅延波を確認しますと、かなり遅れて山が一つありますが、レベル差もあるため、問題はないようです。また余計なマルチパスもありませんね。

21ch 東京タワー 遅延
東京局(21ch・フジテレビ)の遅延プロファイル ※点線の位置が126μSです。

小田原局と東京局のデジデジ混信は、熱海市や伊東市など、伊豆半島の東京方面で強い傾向がありますね。

本来サービスエリア外ですので、総務省などから対策はありませんが、小田原中継局は小田原市、二宮町、大磯町の一部地区で、平塚中継局とのデジデジ混信が発生しており、NHK総合以外の局はチャンネルが変更になりますので、熱海市や伊東市では小田原中継局、もしくは東京タワーからの電波が容易に取れるようになるかも知れませんね。


今回の調査では、小田原方面に遮へい物があったため東京局の受信ができましたが、何もない場合はデジデジ混信を解消するのは、難しいと思われます。受信レベルは高いのに、BERやCN値などが変動する、またはBERやCN値が極端に悪い場合は、デジデジ混信が起きている可能性があります。

何かの参考になりますと幸いです。
スポンサーサイト

河津七滝

auのIS04を1月の末ぐらいに近くのauショップで予約をしたのですが、特に連絡が来ませんね。発売日に当日販売分で買えたという話も聞きますが、さすがに平日は仕事もありますので、無理ですね(^^;

仕事で伊豆の河津地区へ行ってきたのですが、近くに河津七滝ループ橋(かわづななだるループきょう)と言う、ループ橋がありました。

河津七滝ループ橋
河津七滝ループ橋

ナビ画面
ナビの画面ではこの様に表示されます。

実際に車で走ってみると、ハンドルの角度はほぼ同じになるようですね。速度は30km/h制限ですが、橋の形状上、スピードを出すのは危険です。グルグルと進んでいくため、何とも不思議な感覚ですね。

ちょうど河津桜まつりの開催期間中のようで、ループ橋近くの河津桜もぼちぼち咲いていました。気温が低いこともあり、一分咲き程度と言ったところですね。

河津桜まつり公式サイト

iPhone用カーナビソフト「NAVIelite」

普段営業車でどこかへ行く時は、iPhoneのマップ機能(Googleマップ)を赤信号で停車中などの時に、現在地と目的地の位置を確認しながら走ることが多かったのですが、それでも道を間違える時は間違えます(苦笑

ポータブルカーナビを購入しようとも考えたのですが、毎日使う訳でも無いこともあり、なかなか購入には踏み切れませんでした。そこで、手軽にiPhoneをカーナビ代わりに出来ないかと、Apple Storeでカーナビアプリを探してみました。

いくつかカーナビアプリが出てきたのですが、その中でも特に目を引いたのは、アイシン・エィ・ダブリュ社が、スマートフォン向けブランド「dribrain」と言う名で出している「NAVIelite」と言うカーナビアプリです。


アイシン・エィ・ダブリュ株式会社

NAVIelite(特設サイト)

アイシンAW、iPhone用カーナビアプリ「ナビエリート」
Car Watchより)


どの部分に目を引いたかと言いますと、アプリの画面がTOYOTA純正ナビの画面と同一なんです(笑
アイシン・エィ・ダブリュ社は、TOYOTAなど純正ナビのソフトを作っている企業ですので、当然と言えば当然かも知れませんがね(^^;

実家の車もTOYOTAの純正ナビですので、個人的には使い慣れている分、画面や操作性が同一なのは、使う上で戸惑うこともなく結構助かったりします。

走行中画面
走行中画面(目的地設定後)
※画面は一部修正がしてあります。

アプリ1
目的地画面

アプリ2
目的地検索画面にて、ふくみつえき(福光駅)と入力

アプリ3
富山県南砺市福光駅の位置が表示されました。

アプリ4
5ルート(推奨ルート、有料優先ルートなど)の選択画面

どこからどう見ても、TOYOTAの純正ナビと画面が同一ですね。もちろん音声案内もちゃんとしてれくます。

早速営業車に乗せて使ってみましたが、実家の車のカーナビと性能は同等に感じました。画面の描写速度は他のカーナビアプリの方が早いようですが、私は特に気にはなりませんでしたね。

実家のカーナビが10年前のカーナビであり、それに慣れてしまっているため、気にならないのかも知れませんが・・・(苦笑

GPSの精度に関しては、問題ないと思いました。首都高の真横などを走行した際に、勝手に首都高を走っていると勘違いする事もありましたが、これは以前ポータブルカーナビを使った時にもありましたので、GPSの精度の問題のようです。首都高から少し離れると一般道に戻りましたで、まずまずはOKなのではないでしょうか(笑

NAVIeliteとiPodの同時起動が可能ですので、FMトランスミッターなどを使い、音楽を聴きながらの走行も可能です。音声案内の際は自動的にiPod側の音量が小さくなりますが、それでも音楽と音声案内が被ってしまい、音声案内が聞き取りにくいことがありますので、その辺はアップデートで改善して欲しいですね。

VICSにも対応しているため、目的地への案内中に渋滞があると判明した場合は、自動的に迂回路を案内してくれました。実際のカーナビと同等の性能を持っているようですので、個人的にはオススメのアプリですね。

iPhoneですと、手で地図の拡大などのイメージがあるかも知れませんが、このアプリはその様な機能はありません。あくまでも、車のカーナビのソフトをそのままiPhoneへ移したような感じです。逆に私にとっては、車のカーナビと使い方が同じですので、戸惑うこともなく使いやすいです。


※今回「NAVIelite」を紹介させて頂きましたが、アプリを購入し満足な結果が出なくても、当方では責任を負うことが出来ませんので、ご理解をお願い致します。

au IS04

今春発売とされていたauのIS04は、発売日が2月10日と決まったようですね。私はすでに近くのauショップで予約をしてありますが、auショップへの入荷数によっては、すぐに手にすることが出来ないかも知れませんね(^^;

LISMO WAVEも使ってみたいのですが、こればかりは気長に待つしかないですね。ちなみにカラーはブラックにしました。

IS04
au IS04auのHPより)

すでにスマートフォンとしてSoftBankのiPhone4を持っているのですが、Android端末がどの様な物なのか使って見たいこともあり、スマートフォンを2台持ちをすることにしました。

あとは、SoftBankの電波状況の悪い時の対策でしょうか・・・。どうしてもSoftBankの電波状況はauやdocomoに比べると、悪いところが多いですね。auやdocomoのケータイは電波状況が何とも無いところでも、SoftBankはNGな事が多いですね。SoftBankにはもう少し頑張って欲しいところですね。

auのケータイは元々持っているので(S001)、今回はS001からIS04への機種変更という形にしました。スマートフォンの場合、ケータイサイトは見ることが出来ないため、ケータイサイトへの接続が必要なときは、SIMカードをIS04からS001へ差し替えて使う予定です。

絵文字関連はauの方が好きなので、メインの機種をiPhone4とするか、IS04とするか微妙に悩むところですね(苦笑

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。