houtou blog

TVやFMラジオの遠距離受信の話題や日常生活など、気ままなblogですが、どうぞお気軽にお読み下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年最終日

今年も残り数時間で終わってしまうと言うことで、何だかあっという間に過ぎ去っていったような気がしますね。来年からは社会人になると言うことで、今年以上に大変な1年間となりそうです(^^;

昨日は毎年恒例の餅つきを里の家でやっていました。幸いにも昼頃までは天気が良くて良かったのですが、夕方からは大雨でかなり悪天候になっていました(汗

餅つき

そのままずっと雨が降っているのかと思っていたのですが、深夜~朝方辺りに雪に変わったようで、朝起きたところ雪が降っていました。

雪
お昼頃の写真です。

今年は暖冬と聞いていたのですが、結構雪が降りますね。現在大雪警報が発表されていますが、明日は初詣にも行かないといけないので、降雪はほどほどにして貰いたいものですね(苦笑

県内に大雪警報KNBニュースより)


不定期な更新でしたが、1年間当blogを読んで頂きありがとうございました。来年もどうぞ宜しくお願い致します。
皆さま、良いお年をお迎え下さい。
スポンサーサイト

EDIUS Pro マルチカム編集

先日大学の吹奏楽部のクリスマスコンサートを撮影したのですが、今回は撮影に使ったテープが12本あると言うことで、パソコンに取り込むだけで、結構な時間がかかりました(^^;

テープ
miniDVテープ(記録フォーマットはHDVです)

撮影にはSONYのHVR-Z1Jと言うハイビジョンカメラを4台使い、ハイビジョン画質で編集をする為に、記録フォーマットはHDVにして撮影をしました。4台もカメラがあると編集が大変なので、4台ともタイムコードはフリーランモードに設定をしてあります。これでマルチカム編集が出来ますね(笑

と言いましても、家にあるEDIUSはEDIUS 3 for HDVとEDIUS Neoと言うことで、どちらもマルチカム編集に未対応です。一時的にですが、EDIUS Pro 5の体験版をインストールしてみました。期限が切れてしまったら、製品版を購入する予定です。

マルチカム1
EDIUS Pro 5(体験版)のマルチカム編集画面です。

マルチカム編集は本当に楽ですね。再生をしながらスイッチングをしたいカメラの映像をクリック(キーボードのテンキーでも切り替え可能です)するだけで、自動的にスイッチングがされるので、複数台のカメラで撮影をした映像の編集時にはかなり重宝します(笑

昨年も同様にクリスマスコンサートの編集をしていたのですが、昨年はEDIUS 3 for HDVと言うマルチカム編集に未対応のEDIUSで編集をしていた為、各カメラの映像を毎回確認しながら、タイムライン上に各カメラの映像を切り貼りしていました。もっと早くにEDIUS Proシリーズを導入しておけば良かったですね(苦笑


マルチカム編集により、編集は問題なくさくさく進みそうなのですが、各カメラのホワイトバランスが異なっていることが気になったので、ホワイトバランス用のフィルターをかけて補正をすることにしました。撮影前に全てのカメラのホワイトバランスを合わせたはずなのですが・・・おかしいですね(汗

マルチカム2
補正中です。

何とか見られる範囲までホワイトバランスを補正しましたが、やはりホワイトバランスの設定はきちんと合わせておかないといけないですね。


※肖像権の都合により、画像には一部ぼかしをかけてあります。

CD-Rのエラーチェック

パソコンを使って音楽CDを作成し始めたのは、中学の2年生からと言うことで、手元にはかなり多くのCD-Rがあるのですが、そろそろ気になるのは経年劣化をしていないかと言うことですね。試しに2001年頃に書き込んだCD-Rのエラーレベルをチェックをしてみました。保存状態には気を使っていますが、どうしても劣化する時は劣化してしまうのですよね・・・(^^;

測定ソフト:Nero CD-DVD SPEED 測定ドライブ:LITE-ON LH-20A1S

・三菱化学製 16倍速CD-R 色素:スーパーアゾ 書き込み速度:8倍速 書き込みドライブ:TEAC製(CD-W58E)
三菱

年数が経っている割りには、エラーレベルは低く安定していますね。昔の三菱製のCD-Rはスーパーアゾと言う色素を使っており、記録面がかなり濃い青色をしていましたね。今は高速書き込みに対応出来るように、ソニックアゾと言う薄い青色の色素を使っていますね。※フタロシアニンを使っている三菱製のCD-R(Prodisc製)もあります。

・太陽誘電製 32倍速?CD-R 色素:シアニン 書き込み速度:8倍速 書き込みドライブ:TEAC製(CD-W58E)
太陽誘電

レーベル面からは記録速度が確認出来ませんでしたので、Nero CD-DVD SPEEDからCD-R情報を確認しました。太陽誘電のCD-RとTEACのドライブの相性が良かったのか、ほとんどエラーが無いようですね。プレスCDと大差がないのではないかと思います。

当時使っていたパソコンのCD-RWドライブは、TEAC製のCD-W58Eだったのですが、最大書き込み速度が8倍速と言うこともあり、全体的にエラーレベルが低く記録されている印象を受けますね。最近は48倍速で書き込んでいるので、それなりにエラーがありますが(苦笑

・太陽誘電製 48倍速CD-R 色素:シアニン 書き込み速度:48倍速 書き込みドライブ:Panasonic製(SW-5584)
※先日書き込んだCD-Rです。
太陽誘電2

高速書き込みですが、再生には問題の無いレベルかと思いますね。


なお、TEACのCD-W58Eと言うCD-RWドライブは、以下のリンク先からスペックを確認出来ます。

TEAC・CD-W58ETEACのHPより)

(続)BD-R DLとBDドライブの相性

先日購入をした三菱製のBD-R DLが、PanasonicのBDドライブ(SW-5584)との相性が悪く書き込みが出来なかったので、改めてPanasonic製のBD-R DLを購入しました。
※SW-5584のファームウェアは最新版です。

Pana-BD-R DL
Panasonic製 BD-R DL

早速書き込みをしてみたところ、やはりPanasonic製のBD-R DLは書き込みエラーも起こさずに、問題なく書き込めるのですよね。BDドライブはPanasonic製と言うこともあり、同じメーカー同士で相性が良いようですね(^^;

今使っているBDドライブは、これまでにTDKとSONY製のBD-Rを書き込んだことがありますが、こちらは特に問題はありませんでした。TDKとSONYはどちらも推奨メディアなので、問題は無いようですね。

ちなみに今年の1月にこのBDドライブで三菱製のDVD-R DLへ書き込みを行ったところ、2層目に入った途端エラーレベルが高すぎて、DVDプレーヤー、パソコンのドライブ(Panasonic・SW-5584 LITE-ON・LH-20A1S)のどちらでも再生が出来なかった事がありました。太陽誘電製のDVD-R DLで書き込みを行ってみたところ、こちらは推奨メディアなので、1層目・2層目とも問題はありませんでした。

使用するメディアメーカーを選ぶ、ちょっとグルメなBDドライブのようですね(笑

ドライブとディスクの相性(houtou blog 2009年1月24日)

media
Panasonic SW-5584の推奨メディアメーカー表(I-O DATAのHPより)

普段DVDを書き込む時は、LITE-ONのDVDドライブ(LH-20A1S)を使っているのですが、こちらは特に使用するメディアメーカーを選り好みはしないので(私が気付いていないだけかも知れませんが・・・)、購入するメディアメーカーは毎回異なっていたのですが、PanasonicのBDドライブを使ってBD(時々DVDも)を書き込む時は、必ず推奨メディアを使った方が無難なようですね。

ドライブ
(上)Panasonic SW-5584
(下)LITE-ON LH-20A1S

BD-R DLとBDドライブの相性

実家では「となみ衛星通信テレビ」と言うCATV局のCATVインターネットを引いているのですが、新しく「ハイパー120」と言う下り120Mbps・上り5Mbpsのサービスを開始するようですね。

超高速インターネット「ハイパー120」コース受付開始のお知らせとなみ衛星通信テレビHPより)

実家では現在下り8Mbps・上り512Kbpsのコースを契約しているのですが、下りはともかく上りはちょっと遅く感じますね。千葉のアパートは光回線を引いている為、余計に遅く感じるのだと思います・・・(^^;
私が来年から実家に戻るのであれば、もっと速度の速い契約コースに変更をするのですが、そのうち兄弟が皆進学などで実家から出て行く為、実家には親と祖母のみが住むことになります。インターネットも滅多に使わないので、契約コースは逆に遅いコースに変更をする予定です(苦笑


話は変わりますが、BD-RとCD-Rの在庫が無くなったので、エフ商会の通販でBD-RとBD-R DL、CD-Rを購入したのですが、BD-Rは徐々に価格が下がっているようですね。

BD-R
三菱製 BD-R(10枚):1,880円
三菱製 BD-R DL(10枚):4,980円
太陽誘電製 CD-R(20枚):1,180円

早速パソコン内の映像データをBD-R DLへ書き込もうとしたのですが、私の使っているBlu-rayドライブ(Panasonic SW-5584)と三菱製のBD-R DLは相性がかなり悪いのか、エラーが発生してしまい全く書き込むことが出来ませんでした(汗

ライティングソフトはB's RecoderとPower2Goの2つがあるので、両方で試してみたのですが、どちらも書き込みを開始する前にエラーが発生してしまい、書き込むことが出来ないようです。1枚のみPanasonic製のBD-R DLがあったので、試しに書き込みをしてみたのですが、こちらは何事も無くすんなりと書き込むことが出来ました。

Panasonic SW-5584でBD-R DLを使う際の推奨メディアは、TDKとPanasonicとなっており、三菱は推奨ではないようですね。推奨ではないからと言って書き込みすら出来ないのも、不思議なのですがね・・・。SW-5584のファームウェアも最新版なので、現状ではなぜ三菱製のBD-R DLへ書き込みが出来ないのか分かりませんね(涙

仕方がないので、今回購入をした三菱製のBD-R DLは、SONYのBlu-ryaレコーダー(BDZ-X90)で使うことにしました。こちらは特にエラーも発生せず、書き込むことが出来ました。

「サマーウォーズ」のDVD&Blu-ray

今年の夏に「サマーウォーズ」と言う映画を観てきましたが、この映画のDVD&Blu-rayの発売日がようやく決まったようですね。「サマーウォーズ」は当初“夏”だけの上映かと思っていたのですが、ロングランとなり最近まで上映をしていたようです。もはや季節は夏を通り越し、冬ですね(^^;

映画「サマーウォーズ」公式サイト

DVD&Blu-rayの発売日は、来年の3月3日とひな祭りの日なのですが、通常版はDVD、生産限定版(リミテッド・エディション版?)はBlu-rayと言った、ちょっと変わった位置づけで発売をするようです。てっきり通常版としてDVDとBlu-ray、リミテッド・エディション版としてBlu-rayを出すのかと思っていたのですが・・・ちょっと違ったようですね(苦笑

価格はDVD版が5,040円、Blu-ray版が10,290円となっています。Blu-ray版には封入特典として、オリジナル花札・ブックレット・アートブック(背景画集)・フィルム・ブックマークが付くようです。DVD版の封入特典は16Pのブックレットのみなので、DVD版とBlu-ray版の価格の差はここから生まれているのかも知れませんね。

Blu-ray版は価格が高めですが、やはり高画質・高音質で観たいので迷わずBlu-ray版を予約しました。Blu-ray版は生産限定版と言う事で、後々で買えなくなっても困りますからね(爆

Blu-rayプレーヤーも2万円台まで下がっていますので、段々と手軽にBlu-ray Discが観られるようになってきましたね。Blu-ray Discに録画をしないのであれば、Blu-rayレコーダーではなく、Blu-rayプレーヤーで十分ですからね。

「崖の上のポニョ」のBlu-ray

スタジオジブリ作品「崖の上のポニョ」のBlu-ray版の発売日が本日と言うことで、早速買ってみました。崖の上のポニョは昨年の夏に映画館で観てきているのですが、今回初のスタジオジブリ作品のBlu-ray化と言うことで、夏に発売されたDVD版は買わずに見送り、12月に発売されるBlu-ray版を待っていました(笑

ポニョ1
初回特典としてポニョのシールブックが付いていました。

ポニョ3
ちゃんとハードケース?に入っています。

画質はBlu-rayなので、文句はありませんね。映像の圧縮コーデックはMPEG-4/AVC・1920×1080p、音声は2.0chのリニアPCMと6.1chのDTS-HDで収録されています。

映像特典として以下の物が収録されています。

・絵コンテ
(本編映像とのピクチャー・イン・ピクチャー)
・北米版 本編
・劇場予告編・2種
・TVスポット・11種
・タイアップTVスポット・3種
・日テレちん・2種
・ノンクレジットエンディング(ロングバージョン)
・主題歌発表記者会見
・アフレコ収録風景
・公開初日舞台挨拶
・宮崎駿監督インタビュー
・対談 鈴木敏夫(スタジオジブリ・プロデューサー)x 土屋敏男(第2日本テレビ編集長)
・日本テレビNEWS ZERO スピンオフ 「崖の上のポニョ」密着!5人の天才職人
・資料映像 宮崎駿監督名言集
・資料映像 ベネチア国際映画祭
・主題歌ミュージックビデオ
・韓国版主題歌ミュージックビデオ

かなりの数の映像特典が収録されていますね。片面2層(50GB)なので、容量も十分にあるのでしょうね。絵コンテはこれまでDVD版にも収録されていましたが、Blu-ray版ではピクチャー・イン・ピクチャーにより、絵コンテと本編が同時に再生が出来るようになっています。
(ピクチャー・イン・ピクチャーは表示・非表示が可能です)

ポニョ2
ピクチャー・イン・ピクチャーの画面サイズは大にしています。

なお、ポップアップメニューは、通常はリモコンのポップアップメニューボタンを押して表示をさせますが、本Blu-rayではリモコンの決定ボタンを押すとポップアップメニューが表示されるようになっています。操作を簡単にさせる為の配慮でしょうかね(笑

個人的には、これまでのスタジオジブリ作品もBlu-rayで再リリースして欲しいですね。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。