houtou blog

TVやFMラジオの遠距離受信の話題や日常生活など、気ままなblogですが、どうぞお気軽にお読み下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

USBメモリーの故障

今のドラッグストアでアルバイトを始めたのは、大学1年生の時の10月と言う事で、もうすぐで4年目に突入する事になります。来年の1月には辞める事になるのですが、最近は12連勤と言う自己ベストを叩き出したりしています(笑
本日で12連勤が終わりましたが、明日からは10月1日に開催される内定式に向かう為に、前日入りで本社のある愛知県へ向かいます。中々慌ただしいですね(^^;


さて、アルバイトのシフトなどは今のところ私が作っているのですが、シフトのデータやバイト先の貼り紙などのデータを保存しているUSBメモリーが壊れてしまったようで、全く認識しなくなってしまいました。これまでは特に問題無く使えていたのですが、昨日になっていきなり認識しなくなってしまいました。どのUSBポートに差し込んでも無反応なので(他のパソコンも含みます)、少々困ってしまいました・・・(汗

USB
4GBタイプなので、中々重宝していたのですが・・・。

買ったのは2年ほど前だと思うのですが、普段から常に使っていた為、中の回路が壊れてしまったのかも知れませんね。怪しい前兆でもあれば中のデータのバックアップを予め取って置いたのですが、今回はその様な前兆も無かったので、特にバックアップは取ってありませんでした。やはり何もなくても定期的にデータのバックアップを取っておく必要がありますね。

アルバイトシフトは作り直すしかないですね・・・(苦笑
スポンサーサイト

白根山の火口湖「湯釜」

16日から17日にかけて、群馬県の草津温泉へゼミの合宿で行ってきました。今回は「ホテル櫻井」と言う所に泊まったのですが、標高がそれなりにある為か、気温は低く、夜間は浴衣一枚で外を歩くには寒すぎるほどでした。

ホテル櫻井

翌日(17日)は、国道292号線の途中にある白根山の火口湖「湯釜」を見てきました。湯釜を見る為には、駐車場から湯釜展望所と言う所まで整備された湯釜見学コースを登って行くのですが、当日の朝方までお酒を飲んでいた私としては、若干お酒が残っており、軽い坂道の割りには疲れました・・・(^^;

湯釜(ユガマ) 面積52,600平方メートル湯Love草津 草津温泉観光協会ホームページより)

紅葉
写真の左側に湯釜展望所までの湯釜見学コースがあります。白い物が見えますが、これは湯釜展望所へ向かう方たちです。9月の半ばと言う事もあり、紅葉が綺麗ですね。

今回はデジカメを持って行かなかったので携帯(au・S001)のカメラで撮影をしたのですが、ズームなどの面からやはりデジカメを持って行けば良かったと、後々で後悔をしてしまいました(苦笑

湯釜
白根山の火口湖「湯釜」

不思議なエメラルドグリーンの水です。この水の正体は硫黄の混じった強酸性の水で、PHも約1.2とかなり低く、硫酸や塩酸も混じっているとの事です。とても生物の住める水質ではありませんね。

弓池
弓池(湯釜見学コースの途中より)

普段紅葉などがあまり見られない所に住んでいる為か、久しぶりに紅葉を見ると感動しますね。富山に居る時は周囲の山の色が変わっていく様子が分かったのですが、千葉では360度どの方向を見ても山が見えませんので、街路樹や公園の木々の紅葉を見るぐらいですね。

帰りは上信越道の横川サービスエリア(上り)に寄り、おぎのやの「峠の釜めし」を買ってきました。

釜飯1
峠の釜めし

釜飯2

釜飯3
ぎっしりと詰まっていますね。早速美味しく頂きました。

空いた容器で1合のお米が炊けるようなので、今度炊いてみようと思います(笑

1000Mbps(1000BASE-T)への切り替え

前回、前々回とウイルスバスター2009からウイルスバスター2010へバージョンアップを行った際に発生する不具合について書きましたが、先日は公開されていた「ウイルスバスター2010 かんたん!インストール」と言う特設サイトが無くなり、代わりに「インストールの前に、現在インストールしているウイルスバスター2009を必ずアンインストールしてください。」と注意書きの書かれた通常のバージョンアップサイトに差し替えられていました。

ウイルスバスター2010_不具合
ウイルスバスター2010 無料バージョンアップTREND MICROサイトより)

どうも不具合の内容は修正されていないようで、かんたん!インストールを使ってバージョンアップを行った場合、先にウイルスバスター2009をアンインストールせずにウイルスバスター2010をインストールしてしまう為、不具合を回避出来ないと判断し公開を中止したようですね。私もかんたん!インストールを使えば不具合が発生しないのかと思いやってみたところ、バッチリ不具合にはまってしまいましたからね・・・。
現状ではウイルスバスター2009を先に手動でアンインストールをする事以外に、不具合を回避する方法は無いようですね(^^;


話は変わりますが、本日部室内のLAN回線の転送速度を、100Mbpsから1000Mbps(1000BASE-T)へ変更をする作業をしてきました。撮影や制作した映像データを、それぞれのノートパソコンからLANを通して部室のデスクトップパソコンの共有フォルダへ転送をする事があるのですが、1つのデータサイズが1~12GB程度あり、なるべくスムーズに転送が出来た方が良いと思い、部室内のスイッチングハブを1000Mbps対応の製品に全て交換をしました。

実際に2.5GBのデータを使い転送のテストをしてみたところ、100Mbpsで転送をしていた時よりも体感的に速度が速くなっている事が分かり、変更をしただけの事はあったかなと言った感じです(笑

アパートで使っているスイッチングハブは、先週LANハードディスクを導入した際に1000Mbps(1000BASE-T)対応のタイプに交換をしたので、LAN内のみは1000Mbpsへなりましたが、普段使っているノートパソコンのLANポートは100Mbpsまでなので(デスクトップパソコンは1000Mbpsです)、1000Mbpsに対応したPCカード型のLANボードを買ってきました。

LAN1
BUFFALO LPC-CB-CLGTBUFFALOサイトより)

LAN2

LAN3

ドライバーをインストールして完了です。確認の為、LANケーブルを内蔵のLANポートからPCカードのLANポートへ差し替えてみましたが、特に問題は無いようですね。

(続)LANハードディスクとウイルスバスター2010

LANハードディスクを導入して数日が経ちましたが、実家からでもLANハードディスクにアクセスをする事が出来るのリモートリンク機能について、あれこれ試してみました。

やはり一番気になるのは、リモートリンク機能を使ってファイルのダウンロードをした時にかかる時間です。早速リモートリンク機能を使い、LANハードディスク上に置いてある875MBのMPEG2ファイルのダウンロードにかかる時間を確認してみました。
※リモートリンクのソフト経由でファイルをダウンロードしてみましたが、同一ネットワーク上の為外部へのアクセスはなく、ローカルエリア内のみでファイルのやり取りをしているようです。
(ルーターとスイッチングハブのランプの点滅で確認しました)

結果としましては、思ったよりダウンロードに時間がかかり、875MBのMPEG2ファイルをダウンロードし終えるまでに約9分30秒かかりました。今回アップロードに関しては試していませんが、同じような時間がかかるものと思います。
確認の為、リモートリンク用のソフトを使わず、LANハードディスクとパソコンとの間で直接875MBのMPEG2ファイルをダウンロードしてみましたが、こちらは約40秒で済みました。

WordやExcel、MP3といった小さなファイルのダウンロードやアップロードであれば、それ程時間はかかりませんが、大きなファイルでは結構時間がかかってしまうようですね。BUFFALOのWebアクセスではどの位ファイルのやり取りに時間がかかるのか試してみたいですが、さすがに確認の為にもう1台他社のLANハードディスクを購入するのは厳しいですね(苦笑


さて、ウイルスバスター2010のサイトへ行ってみたところ、「ウイルスバスター2010 かんたん!インストール」と言う無料バージョンアップ用の特設サイトがオープンしていましたので(以前はメンテナンスになっていたと思います)、インストールが途中で止まると言う不具合は解消されたかと思い、ウイルスバスター2009が入っている別のノートパソコンへかんたん!インストール機能を使いウイルスバスター2010へのバージョンアップを試してみたのですが・・・。

やはりインストールの途中で止まりますね。前回デスクトップパソコンにウイルスバスター2010をインストールした時と同じ状態です(^^;

かんたん!インストール
ウイルスバスター2010 かんたん!インストールTREND MICROサイトより)

古いバージョンがインストールされている事について聞いてくるので、“はい”を選ぶのですが、その後15分近く経っても「古いソフトウェアを削除しています」のままになってしまいます。本来であればウイルスバスター2009のアンインストールが始まり、ウイルスバスター2010がインストールされるはずなのですが、ウイルスバスター2009がアンインストールされないようで先に進めません。

ウイルスバスター3

ウイルスバスター4

仕方がないのでタスクマネージャーを起動し、ウイルスバスター2010のインストーラーをキャンセルするのですが、ウイルスバスター2009の一部の機能が中途半端にアンインストールされているようで、今度はウイルスバスター2009を起動すると、ファイアーウォールなどが勝手に停止してしまい、不安定な動作をします。そのままウイルスバスター2009を使うのは無理そうなので、手動でウイルスバスター2009をアンインストールし、その後ウイルスバスター2010をインストールしました。

ウイルスバスター2009さえ先にアンインストールされていれば、すんなりウイルスバスター2010がインストール出来るのですがね(苦笑

これまでは先に旧バージョンをアンインストールしなくても、インストーラーが自動で旧バージョンをアンインストールしてくれたのですが、今回ばかりはウイルスバスター2009を先に手動でアンインストールをしないといけないようですね。クリーンインストールをする方が安定するのかも知れませんが、ウイルスバスター2009を先にアンインストールしてしまうと、シリアルナンバーがウイルスバスター2010に引き継がれないので、個人的には少々面倒と言ったところです・・・(汗


なお、公式のサポートページに記載されている不具合の内容と若干異なっていますが、参考までに載せておきたいと思います。この不具合が発生しない場合もあるようなので、私の使っているパソコン特有の問題なのか(2台ともNGなのでソフト自体も怪しいのですが)、しばらくは友人などにウイルスバスター2010へバージョンアップをする時は、ウイルスバスター2009を先にアンインストールするように伝えようと思いますね。

ウイルスバスター2010へのバージョンアップ

ウイルスバスター2010が発売されたと言う事で、早速バージョンアップをしてみましたが、告知されている不具合通り、ウイルスバスター2009をアンインストールしてからでないと、ウイルスバスター2010が正常にインストール出来ませんでした。

ウイルスバスター2010 のトラブル対処方法TREND MICRO サイトより)

OSはWindows XPですが、ウイルスバスター2010のインストール画面でピタリと停止してしまい、その後いつになっても進行しないので、タスクマネージャーから強制的にインストール用のプログラムを終了させ、ウイルスバスター2009をアンインストールした後にウイルスバスター2010を新規でインストールしました。ウイルスバスター2009さえ先にアンインストールしておけば、この不具合は発生しないようです。

元々不具合の内容は告知されていたので、どの様になるのかあえてウイルスバスター2009をアンインストールせずにウイルスバスター2010をインストールしてみました。パソコンのハードディスク内のデータのバックアップは予め取ってあるので、最悪の場合はOSごと再インストールする覚悟?です(^^;

ウイルスバスター2010へバージョンアップをされる場合は、必ずウイルスバスター2009をアンインストールしてからの方が無難です。と言いますか・・・安定するバージョンが公開されるまでは、もうしばらくバージョンアップは待った方が良いような気もしますね。この話はウイルスバスターに限らず、他のソフトでも言える事かも知れませんがね(苦笑

ウイルスバスター2010
ウイルスバスター2010 メイン画面

なお、新規でウイルスバスターをインストールした場合は、シリアルナンバーの欄が空欄になってしまいますので、予め旧バージョンのシリアルナンバーを控えておく必要があります。

LAN接続型ハードディスク

最近はLAN接続型のハードディスク(NAS)も徐々に価格が下がってきたと言う事で、私も1台購入し使ってみる事にしました。一番重視した機能は、外部のネットワークからでも、家に設置してあるLANハードディスクにアクセスをする事が出来ると言う機能です。BUFFALOではWebアクセス、I-O DATAではリモートリンクと呼んでいるようですね。

両メーカーとも特に変わりは無さそうなので、最終的には外部からアクセスをした際に操作をするGUI画面で選びました。BUFFALO社の画面とI-O DATA社の画面を見比べてみたところ、I-O DATA社の画面の方が簡単そうに見えましたので・・・。外部からアクセスをする機能は、私以外にも使いますので、なるべくGUI画面は簡単な方が良いですからね。

LAN_HDD1
I-O DATA HDL-GS500 corega CG-SW08GTX2B

スイッチングハブも100Mbpsの物から1000Mbpsの物へ交換をする為に新しく買って来ました。これまでは5ポートのタイプを使っていたのですが、LAN機器が増え5ポートでは足りなくなったので、8ポートのタイプにしました。

LAN_HDD2

LAN_HDD4

LAN_HDD3
前面にはステータスのランプのみのようですね。裏面には冷却用のファンが取り付けてあります。

LANハードディスクを使うのは初めてなので、さっと説明書に目を通し起動してみました。USBハードディスクの場合は起動直後から使う事が出来ますが、LANハードディスクは、内部でサーバ用のソフトウェアを起動しなければならない為、使えるようになるまで約1分20秒程度かかりました(^^;

ハブ
スイッチングハブは置く場所が無いので、縦置きです(苦笑
左からルーター・スイッチングハブ・アクセスポイントです。

1Gbps
ローカル エリア接続の状態

スイッチングハブを1000Mbpsの物へ交換をしましたので、パソコン上でも接続速度が1.0Gbpsと表示されています。ちなみにインターネットの接続回線は100Mbpsですので、LAN内のみが1000Mbpsです。

早速初期設定を済ませ、リモートリンク機能を使ってみました。

リモートリンク

リモートリンク2

リモートリンク3

リモートリンク4

ドラッグ&ドロップ操作でアップロード・ダウンロード作業をする事が出来ます。パソコンが苦手と言う方にとっても、それ程難しくはないのではないかと思いますね。アップロード・ダウンロードはインターネットの回線速度にもよると思いますが、若干もたつきますね。と言いましても、外部のネットワークから手軽にLANハードディスクへアクセスが出来る点はとても便利なので、この辺は気にしないでおきましょう(苦笑

なお、LAN内でのデータの転送速度に関しては、それ程遅いとは感じませんでした。LANハードディスクを使うのは今回が初めてですので、この様な物なのかなと言う程度で使っています。またスイッチングハブも1000Mbpsの物へ交換をしましたので、転送速度に関しては十分に発揮出来ているのではないかと思います。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。