houtou blog

TVやFMラジオの遠距離受信の話題や日常生活など、気ままなblogですが、どうぞお気軽にお読み下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衆議院議員選挙

本日は衆議院議員選挙の投票日と言う事で、NHKや各民放局は揃って選挙特番を放送していますね。私はフジテレビの選挙特番を観ているのですが、地デジではデータ放送機能で、全国の小選挙区開票速報が観られて便利ですね。ずっとデータ放送画面で選挙特番を観ています(^^;

CX
フジテレビ データ放送より
(NHK、各民放局もデータ放送機能を使い、同様のサービスを提供していました)

私は富山第3区(高岡市・射水市・氷見市・砺波市・小矢部市・南砺市)なので、My選挙区に富山第3区をプリセットしてみました(笑

自民党から民主党へ政権が交代する事となりましたが、自民党、民主党ともそれぞれ強みはあると思いますので、今後どの様に日本の政治が変えられていくのか、国民側としましてもしっかりと見ていく必要があるのではないかと思いますね。
スポンサーサイト

サマーウォーズの里 信州上田 2日目

2日目は別所温泉と砥石・米山城跡へ行って来ました。砥石・米山城跡は軽い登山になると言う事で、先に上田駅から上田電鉄の別所温泉行きに乗って、別所温泉へ行って来ました。

上田電鉄ホーム
上田電鉄のホーム

幸いな事に、有名な丸窓電車に乗る事が出来ました。

丸窓電車2

丸窓電車1
丸型の窓

何とも不思議な窓ですね。映画ではほぼ完全な丸でしたが、実物は完全な丸ではなく、若干縦長の楕円の窓でした。別所温泉駅は終点駅ですが、約30分程度で着きました。

別所温泉
別所温泉駅のホーム
駅長さんが着物を着ていたのにはちょっと驚きましたね。中々インパクトのある駅です。観光客の方々も結構訪れているようでした。

別所温泉2
別所温泉駅(全景)
こちらもかなりサマーウォーズを応援しているようでした。上田駅にある上田電鉄の待合室も同じでしたが、かなり気合いが入っているのか、特に目立ちます(笑

スタンプラリーのスタンプが別所温泉駅と北向観音に置いてあるので、北向観音まで行ってみました。北向観音は別所温泉街の奥(駅から徒歩で約15分)にあるのですが、行きはずっと上り坂でした。

北向観音
北向観音

北向と言う名前の由来は、長野市にある善光寺が南向きであり、対してこちらは北向きと言う事で、お互いに向かい合っている事から北向観音と名付けられたようです。ちなみにご利益は、善光寺と北向観音で一体のようです。

北向観音を回った後は、砥石・米山城跡は行く為に上田駅まで戻りました。砥石・米山城跡へは上田駅から上電バスの菅平高原線に乗り、伊勢山バス停で下車をします。

バス停
伊勢山バス停

砥石・米山城跡への登山口の手前には駐車場とトイレがありました。

駐車場
こちらにもしっかりとポスターが貼られていますね。なお張り紙には「サマーウォーズの伊勢山へようこそ!夏希のふるさと陣内家の設定場所はここです。」と書いてあります。

登山道
登山道の入り口より上田市内を望む

ちらほらサマーウォーズののぼりの他に赤いのぼりも見えますが、こちらは「風林火山」ののぼりです。

この先しばらくは普通の山道が続くのですが、結構距離がありました。その後砥石城跡と米山城跡への分かれ道になります。

看板
砥石城跡と米山城跡は逆方向の様ですね(^^;

先に砥石城跡へ行く事にしました。しばらくは山道が続きますが、斜面が急になってくる為、ロープが張ってありました。登る時は良いのですが、下りる時は後ろ向きに下りないと足下が滑ってしまい、転びそうになりました(苦笑

坂道
登山者の為にロープが張ってあります。道も整備されているようですね。

砥石城跡へ向かう途中にものぼりが立ててありました。

山道
ここまでのぼりを持ってこられた方、本当にお疲れ様です。

この後は階段が続き、山頂付近は傾斜がそれなりにある岩場道となっていました。幸いここにもロープが張ってありましたので、難なく登る事は出来ましたが、さすがに炎天下の中では疲れますね。水分補給は小まめにされる事をおすすめします。私も所々日陰で休んでいました(汗

階段
結構長い階段です。階段が終わったかと思うと、次は岩場道です。

軽い登山ですので、間違ってもサンダルなどでは来られない事をおすすめします。荷物も出来るだけ少なめの方が体力も消耗せず楽ですね。

砥石風景

砥石風景2
砥石城跡の山頂より上田市内を望む

風が涼しく見晴らしは抜群でした。ここから昨年の夏に訪れた美ヶ原も見えるようですね。休憩を取った後、今度は米山城跡へ向かう為に登って来た道を下り、先ほどの分かれ道まで戻りました。

米山城跡へ向かう道も斜面が急な所にはロープが張ってあり、登りやすかったです。ちなみにこちらにも岩場道がありました。

34.jpg
岩場道

ちなみに砥石城跡へ向かう道の岩場道の方が、距離が長く傾斜が急ですね。(残念ながら写真は撮り忘れました・・・。)

米山頂上
米山城跡山頂です。

米山風景
米山城跡山頂より上田市内を望む

こちらも風が涼しく、見晴らしは抜群でした。ただ一つ気になったのは、私以外誰一人砥石・米山城跡へ登っている人は居ませんでした(苦笑


以上で2日目は終了です。この後上田駅までバスで戻り、長野新幹線に乗って千葉に戻って来ました。1日目の記事にも載せましたが、無事に「信州上田 こいこいマップ」のスタンプも全て集まりました。全てのスタンプを集めると“何か”がそろいます。公開をしてしまいますと面白くなくなってしまいますので、今回は公開を遠慮したいと思います。

今回は1日目と2日目に分けて記事を書きましたが、かなり長くなってしまい、最後まで読んで頂きありがとうございます。上田市は初めて訪れましたが、歴史においても有名な土地であり、また街全体があまりごちゃごちゃしていませんので、結構居心地が良かったです(笑

また機会があれば、上田に訪れてみたいですね。昨年に引き続き、今年も夏の旅行は長野県でした。

グッズ
しっかりと上田限定のグッズも買って来ました(爆

サマーウォーズの里 信州上田 1日目

と言う訳でタイトルの通りなのですが、富山から千葉に戻る途中に寄り道として、長野県の上田市に1泊2日(27日~28日)で寄って来ました。上田市はこれまで通過するぐらいでしたので、初めて訪れる事になりますね。サマーウォーズのロケ地を中心に回って来た事もあり、写真数が多く記事が長くなりますので、今回は1日目と2日目に分けて書きたいと思います。

まずは上田市に向かう為、北陸本線の通っている高岡駅まで向かい、そこから乗換駅である新潟県の直江津駅まで行きます。

直江津
直江津駅

直江津駅はJR西日本とJR東日本の境界駅なので、駅の看板もJR西日本カラーである“青”とJR東日本カラーである“緑”の両方を見る事が出来ますね。

直江津駅からは信越本線で長野駅まで向かい、長野駅からはしなの鉄道(長野~篠ノ井間はJRが運営、篠ノ井~軽井間は第3セクター形式で運営)で上田に向かいました。

路線図
直江津駅→長野駅行きの車内の路線案内図です。

上田駅
上田駅

上田駅前にはイトーヨーカドーがあり、でかでかと「サマーウォーズの里」信州上田へようこそ!と垂れ幕が掛かっていました。イトーヨーカドーもサマーウォーズの応援に参加しているようですね(笑

イトーヨーカドー
イトーヨーカドー上田店

店内に入ってみると、入り口付近にサマーウォーズの文庫本や漫画版が置いてある特別コーナーが設置してありました。エスカレーター付近では細田監督のインタビューの映像が流れていましたが、これは上田ケーブルビジョンの上田市行政チャンネルで放映されたものと思われます。

上田市行政チャンネル上田市役所サイトより)

1日目は上田市内を回ろうと、感動☆プロジェクトさんが制作された「信州上田 こいこいマップ」を片手に上田市内を回っていました。スタンプラリー形式になっていると言う事で、しっかりとスタンプも集める事にしました。

こいこいマップ
信州上田 こいこいマップ

サマーウォーズの里「信州上田」

スタンプの置いてある場所は、池波正太郎真田太平記館・岡崎酒造・JR上田駅・別所温泉駅・北向観音・上田市観光会館となっており、別所温泉駅と北向観音は2日目に回りスタンプを集める事にしました。

上田城
上田城(東虎口櫓門)

上田市役所
上田市役所

観光会館1

観光会館2
上田市観光会館の2階へ上がる階段の踊り場

この上田市観光会館の2階には、細田監督が表紙を書かれた記帳用ノートがあるとの事です。今回は時間の都合上そのノートは見ませんでしたが、お時間のある方は何かコメントを残されると良いかも知れませんね。

docomoショップ
NTT docomo上田店

今回は店の前を通過してきただけですが、こちらの店内ではサマーウォーズのパネル展を実施しているとの事です。ちなみに私はau by KDDIユーザーと言う事で、NTT docomoとはライバルキャリアになりますね(^^;

のぼり
サマーウォーズの里 信州上田のぼり

街のあちこちで「サマーウォーズの里 信州上田」と言うのぼりを見かけました。街をあげてサマーウォーズを応援している事もあり、こののぼりはかなりの数があるのではないかと思いますね。街をあげてこの様なイベントを開催するのもまた面白いですね!

待合室
上田電鉄の待合室

上田電鉄は映画の中で登場する事もあり、気合いが入っているようですね。仮ケンジ・ケンジ・夏希・佳主馬のアバターが貼ってありますね。


長々となりましたが、1日目は以上で終了です。2日目は別所温泉と砥石・米山城跡へ行ってきました。続きは2日目へ続きます(笑

期日前投票

衆議院議員選挙の投票日は今月の30日ですが、30日には既に千葉の方へ戻っており投票には行けないので(住民票は富山のままです)、本日期日前投票に行って来ました。

選挙入場券
投票所入場券
私は南砺市福光在住ですので、期日前投票は福光行政センターへ行って投票します。

生まれて初めての選挙投票ですね(笑
期日前投票と言うのは便利な制度ですね。用事などの関係から、投票日に行けないと言う方にとっては、とても良い制度だと思います。

さて、今週の27日には富山を離れ千葉に戻るのですが、その帰り道に長野県の上田市に1泊2日で寄って来る事にしました。昨年の夏は長野県の美ヶ原まで行って来た事もあり、今年の夏は特にどこにも行く予定は無かったのですが、先日サマーウォーズと言う映画を観てきて以来、上田市に訪れてみたくなりました。これまで上田市は長野新幹線で通過するぐらいでしたからね(汗

それにしても・・・影響され過ぎですね(^^;


映画「サマーウォーズ」公式サイト

圧縮音楽ファイルの周波数特性

携帯型音楽プレーヤーの普及により、MP3をはじめ、圧縮音楽ファイルは身近に沢山ありますが、ふと気になるのは圧縮をする事によって、高域の音がどのくらい無くなるのかと言う事です。試しにWindows Media PlayerのMP3エンコーダーを使って、320kbps・256kbps・192kbps・128kbpsのMP3ファイルを作成し、Media Playerの視覚エフェクトプラグインとして配布されているFRUITY(フルーティー)でスペクトログラムを表示し、周波数特性を見てみました。

圧縮に使った音楽はS.E.N.S.のRemembering Meと言う曲です。

まずは、CDを再生し2分30秒~2分43秒の間のスペクトログラムを表示してみました。

CD
<CD>
バランスよく、21kHz付近まで音が出ています。

次にMP3 320kbps・256kbps・192kbps・128kbps(全て固定ビットレート)へ圧縮をした音楽ファイルです。CDとの比較が出来るように、CDを再生した時と同じく2分30秒~2分43秒の間のスペクトログラム表示です。

320kbps
<320kbps>
一応20kHz付近まで音が出ているようですが、16kHz付近でローパスフィルターが掛かっていますので、16kHz以上の音はあまり強くは出ていないようですね。

256kbps
<256kbps>
320kbpsで圧縮をした時よりは、16kHz以上の音が減った感じです。16kHz付近でローパスフィルターが掛かっている事が分かりやすくなりましたね。

192kbps
<192kbps>
当然の事ながら、256kbpsで圧縮をした時より、さらに16kHz以上の音が無くなっていますね。320kbpsと192kbpsの時のスペクトログラムを見比べると、違いが明確に分かりますね。

128kbps
<128kbps>
さすがにここまでくると、完全に16kHz以上の音はカットされ、16kHz内に収まっていますね。簡単なスピーカーでも音の違いはハッキリと分かると思います(^^;

エンコーダーによって周波数特性は変わってくると思いますが、あらためて圧縮をすると、高域の音が無くなっている事が分かりますね。ただ、電車の中など移動中の時に携帯型音楽プレーヤーで、MP3などに圧縮をした音楽ファイルを聴く分には、周囲の雑音も多いのでそれ程気にする事もないと思いますね。

実際に私も移動中は、MP3に圧縮をした音楽ファイルを聴いています。ちなみにビットレートは極力音質を保ちたいので、320kbps(固定ビットレート)でエンコードをしています。容量が増すのは仕方がないですがね・・・(苦笑


使用させて頂いたソフト
IT雑技団 FRUITY(フルーティー)

無線LAN親機とイーサネットコンバーター

実家は2006年に無線LANを導入し、ノートパソコンなどは家のどこでもワイヤレス接続でインターネットが出来るようにしたのですが、無線LANの電波の届き具合が悪く、安定して無線LANが使えるのは、モデムと無線LAN親機が置いてある家の2階ぐらいと家の外ぐらいでした。

ルーター1
2階に置いてあるモデムと無線LAN親機(BUFFALO・WER-AM54G54

1階でノートパソコンを使う事が多いのですが、1階では無線LANの電波が微弱で不安定なので、出力の強力なタイプの無線LAN親機に交換をすれば、もう少し1階でも無線LANが安定するかと思い、出力が強力な無線LAN親機を買ってきました。特に1階の居間付近は“非常に弱い”~“弱い”レベルであり、頻繁に無線LANが切断されていました。

電波02

居間には東芝のREGZA 42Z8000があるので、無線LAN経由でインターネットに繋ぎ、アクトビラ ビデオで動画を観られるようにしようと思ったのですが、この電波状況では不安定過ぎて、インターネットに繋ぐには厳しいですね(^^;

ルーター2
無線LAN親機(BUFFALO・WHR-HP-G)とイーサネットコンバーター(BUFFALO・WLI-TX4-G

REGZAを無線LAN経由でインターネットに繋ぐ為に、一緒にイーサネットコンバーターも買ってきました。イーサネットコンバーターを通す事により、無線LAN→LAN端子で接続が出来るようになります。

早速今使っている無線LAN親機と新しく買ってきた無線LAN親機を交換してみたのですが・・・やはり1階までは電波が届き難いようで、あまり改善はしませんでした。どうも家の構造上、無線LANの電波が飛び難いようですね。

仕方がないので、2階の無線LAN親機からのLANケーブルが、1階の部屋まで引いてあるので、その部屋に新しく買ってきた無線LAN親機をルーターモードからアクセスポイントモードへ切り替え、2台の無線LAN親機で家中をカバーする事にしました。

BUFFALO製の無線LAN親機が2台あると言う事で、リピーター(中継)機能である「WDS」が使えるかと思ったのですが、WDSを使う場合はお互いに接続をする無線LAN親機が、両方ともWDSに対応している必要があり、我が家では2階の無線LAN親機がWDSに未対応の為、WDSは使えませんでした。WDSを使った場合、通信速度が低下する場合があるというデメリットもあるようですね。

ルーター3
1階に新しく設置された無線LAN親機(アクセスポイントモードで稼働)

電波01

1階にも無線LAN親機を設置した事により、電波の届き難かった居間付近は、“非常に強い”~“強い”まで電波の状態が改善されました。最初からこの方法を取れば良かったようですね(笑

居間でも無線LANが問題なく繋がるようになったので、次はREGZAを無線LANに繋ぐ為に、イーサネットコンバーターを取り付けました。

ルーター4

ルーター5
スイッチングハブ付きで4ポートあります。

早速アクトビラ ビデオで動画を視聴してみたのですが、CATVインターネットの契約している速度が8Mbpsの為、HD画質の動画を再生すると、時々ダウンロードが間に合わずに止まってしまいました。こればかりは改善が出来ませんので、どうしようもないですね(苦笑

久石譲 in 武道館 Blu-ray

昨年の夏と冬にNHKで「久石譲 in 武道館」と言う、2008年の夏に日本武道館で開催されたコンサートを収録した番組が放送されたので、HDDに録画をしBD-Rにムーブしましたが、今年の7月にDVDとBlu-rayで発売されたので、今更ですがBlu-rayを購入してみました。

ジブリ2
購入して早々にですが、目を離したすきに愛犬にケースをかじられました・・・。ディスクは無事ですが、ケースには歯形が付いています(^^;

内容はNHKで放送されたものとほとんど同じですが、曲間の部分やアンコールで未放送だった曲も収録されており、NHKで放送されたものと比べて若干収録時間は長いようです。

また特典映像として、武道館の巨大スクリーンに映し出された「風の谷のナウシカ」・「もののけ姫」・「魔女の宅急便」・「紅の豚」・「ハウルの動く城」のスクリーンアニメーションが収録されていますが、これらは再度フィルムから取り込んだのか、画質はハイビジョン画質であり、金曜ロードショーなどで放送されるアップコンバートによる画質とはかなり違っていました。

ジブリ1
色むらは撮影時に発生したものです。

風の谷のナウシカなど古い作品は若干ぼんやりしており、ノイズが目立ったりしますが、ハウルの動く城はかなり高画質な映像でした。ここまで綺麗な画質のハウルの動く城は初めて観ましたね。
スタジオジブリ作品のBlu-ray化はまだ聞いた事がありませんが、十分にBlu-ray化をする事は可能だと思いますね。古い作品に関しては、そのままフィルムを取り込むとノイズなどが目立ってしまうので、修正が必要だとは思いますが、なるべく早くBlu-rayで出して欲しいものですね。

RD-E300のDVDドライブ交換

実家に置いてあるHDD/DVDレコーダーは東芝のRD-E300なのですが、DVDドライブが壊れてしまい、HDDレコーダー状態となっていました。普段はDVDドライブを使わないので、HDDレコーダー状態でも構わないのですが、HDDからDVDに番組をムーブしなければならなくなったので、急遽DVDドライブを直す事にしました。東芝にDVDドライブの交換を頼むといくら程度掛かるのかと聞いたところ、25,000円程度掛かると言われたので、自分で交換をする事にしました。1年前に30,000円(中古)で購入したHDD/DVDレコーダーなので、修理費はあまり掛けたくはありませんからね・・・(^^;

内部は小さなパソコンみたいな感じですね。HDDはSATA接続ですが、DVDドライブはIDE接続です。DVDドライブを取り外す為には先にHDDを取り外す必要があるので、HDDも一緒に取り外します。ちなみにHDDはSeagate製の300GBHDDでした。

解体1

交換用のDVDドライブは、以前実家のデスクトップパソコンで使っていた日立LG製のGSA-4120Bです。カートリッジ式のDVD-RAMは使わないので、このDVDドライブで十分でしょう(笑
ただし、日立LG製のDVDドライブの場合、DVDメディアをドライブに入れたまま電源を切ると、次電源を入れる時にエラーが出て起動が出来なくなると言う不具合がありますので、注意が必要です。

解体2
上:日立LG製 GSA-4120B(交換用)
下:Panasonic製 SW-9576(故障)

解体3

元通りにHDD、DVDドライブを接続して完了です。DVDドライブを認識しない恐れがありましたが、問題はありませんでした。早速HDDからDVDに番組をムーブしてみましたが、こちらも問題はありませんでした。

無事にDVDドライブの交換が終了しましたが、DVDメディアを入れたまま電源を切ると、次電源を入れるときにエラーが出てしまい起動が出来なくなると言う不具合がどんなものなのか、あえてDVDメディアを入れたまま電源を切り、再度電源を入れるという実験をしてみました。

確かに起動が出来なくなりました。ER7051と言うエラーが表示されるのみで、DVDメディアのイジェクトすら出来ません。実験をする前から分かっていた事ですが、若干面倒くさい実験をしてしまったと、後々で後悔をしてしまいました(苦笑

エラー
ER7051

この様になってしまうと再度RD-E300のふたを開けてDVDドライブを取り外し、DVDドライブのイジェクトボタンを手動で押すか、強制イジェクト穴にピンを差し込むなどをして、DVDメディアを取り出さない限り起動が出来ません。私は手軽なピンが無かったので、DVDドライブのイジェクトボタンを押してDVDメディアを取り出しました。

自作パソコンなどを作っている方にとっては、それ程難しい作業ではないと思いますが、DVDドライブなどを交換してしまうと、メーカー保証を受けられなくなってしまいますので、5年間保証などに加入されている方は、メーカーに修理を依頼して下さいね。メーカー保証が切れてしまい、DVDドライブを各自で交換される際も、必ず自己責任でお願いします。


※RD-Wikiでは、HDD/DVDドライブなどの換装関連の話題が多く載っています。
RD-Wiki


「追記」
交換したDVDドライブ(日立LG製 GSA-4120B)では、音楽CDの再生は出来ないようなので試してみましたが、やはり出来ないようですね。日立LG製へ交換をした場合の特有の問題のようですね。

大荒れな天気です・・・

5~7日にかけて、群馬県の尾瀬(群馬県片品村)まで部活動の合宿で訪れていたのですが、泊まった宿やその周辺の宿は、共聴施設を設けてUHF中継局からの電波をVHFに変換をしてテレビを視聴しているようでした。泊まった宿の近くにはゆり園があり、若干下った所にあるスキー場の駐車場に、パラボラ型のUHFアンテナと思われる物ががありました。

UHFパラボラ
パラボラ型のUHFアンテナ?
電柱の下にはTOSHIBAと書かれたボックスが付いていました。UHF→VHFコンバーターでも入っているのでしょうか。

UHFパラボラ2
中継局方面(ゆり園方面)には山があり、かなりガスが掛かっていて何も見えませんが、どこかに中継局があるようですね。

さて話は変わりますが、ここ数日はいきなり豪雨になる事が多いです。落雷で停電をする日もあり、かなり大荒れな天気です(^^;
近くの公園の前を通ったところ、池の水が溢れて水没していました。もはやどこに池があったのかすら分からず、芝生もほとんどが水に浸かっているようですね。

公園

近所の方に聞いたところ、この池は貯水池のようで、周囲の住宅からの雨水などを貯められるようになっているようです。とは言いましても、これだけの水が貯まっていると驚きますね。

公園2
池の付近に植えてある木も水没しています。

LS30TMHへ交換

これまで県外波の受信にはLS30を使っていたのですが、老朽化と地デジのチャンネルがローバンド帯に集まっている事を考え、昨日LS30からLS30TMHに交換をしました。

LS30TMH01
予め実家の方にLS30TMHを送っておきました。石川向けと新潟向けの2本です。

LS30から交換をするだけなので、それ程時間は掛からないかと思ったのですが、LS30、LS30TMHのどちらも3m近くのアンテナと言うことで、結局アンテナの向き合わせなども含めて4時間近く掛かってしまいました(^^;

LS30TMH
LS30TMHを取り付けた直後です。(上:石川向き 下:新潟向き)

石川のアナログ放送を受信していた時は、もう少しアンテナの向きが左だったのですが、デジタル放送では写真の向きが一番受信レベルが高くなりました。ちなみにディスコーンアンテナの右下の見える山は福光中継局です。アナログ放送の時も同様でしたが、石川向きのLS30TMHで合わせて地元局も受信しています。

石川向けのLS30TMHと新潟向けのLS30TMHは、チャンネルプランの関係上簡単には混合が出来ないので、指定のチャンネルのみを通すミキサーを別途用意しました。

チャンネル指定混合器(houtou blog 2009年7月18日)

石川デジタルと新潟デジタルのチャンネルプランは以下の通りなので、新潟向けのLS30TMHからは、石川デジタルに影響の与えない19chと26chのみを選択して、石川向けのLS30TMHと混合をしました。

石川デジタルチャンネルプラン:13・14・15・16・17・23ch
新潟デジタルチャンネルプラン:13・15・17・19・23・26ch

mixer
(上:2分配器 中:チャンネル指定ミキサー 下:ミキサー)

チャンネル指定ミキサーは左から19ch専用・26ch専用・出力端子となっており、本来であれば各入力毎にアンテナを設置した方が良いのですが、設置スペースの関係上無理なので、新潟向けのLS30TMHからの信号を2分配器で分配し、19chと26chのそれぞれの入力に繋いであります。チャンネル指定ミキサーからの出力と石川向けのLS30TMHを最終的に混合をしました。

混合により石川デジタルの受信レベルが低下するかと思ったのですが、混合をする前と後では受信レベルに大きな変動は見られませんでしたので、問題なく混合は完了しました。新潟向けのLS30TMHからは、19chの新潟総合テレビと26chのテレビ新潟の信号を混合しているのですが、今日は伝播状況が良くないようで、どちらも映りませんでした。

MRO-D
MRO北陸放送(混信局:無し)

HAB-D
HAB北陸朝日放送(混信局:UXテレビ)

SHARPのAQUOS(LC-32D30)での受信レベルですが、混信局の無い北陸放送は地元局並みの受信レベルが出ています。逆に混信局のある北陸朝日放送は若干低めとなっています。

アンテナをオールバンド帯のLS30から、ローバンド帯に特化したLS30TMHへ交換をしましたが、時々新潟デジタルとの混信により、北陸朝日放送などにブロックノイズが出る事があります。完全に混信を除去する事は難しいようですね。

なお、LS30とLS30TMHとで受信レベルの比較をしようと思っていたのですが、LS30を取り外した後にLS30で受信をしていた時の受信レベルを控えておくのを忘れた事に気付きましたので、比較は出来ませんでした。ただ、北陸放送は受信レベルが80台ではなかったと思いますので、若干ながら受信レベルは上がっているような気がします(汗

REGZA 42Z8000の設置

本日、先日LABI池袋で購入した東芝の液晶テレビ(REGZA 42Z8000)が届きました。これまでは29型のブラウン管テレビを使っていましたので、37インチではなく42インチを選びました。

REGZA 42Z8000
東芝 REGZA 42Z8000

ちなみにこれまではこの様な感じでした。

ブラウン管

テレビの高さはそれ程変わっていないのですが、16:9なので横に広くなりましたね。1週間もすれば、慣れてしまい違和感も無くなるのではないかと思います(^^;

千葉のアパートでは同じくREGZAのZ3500シリーズを使っていますが、Z8000の方が発色が良く、液晶の苦手な黒い画面でも白っぽくならず改善されている様ですね。液晶の表面が光沢なので、何となくプラズマテレビっぽく見えますね(笑

500GBの外付けハードディスクも付いていたので、録画をする事があるかは分かりませんが、一応REGZAと繋げておきました。ハードディスク本体はテレビラックの中に置いてあります。
(ブースター電源とCATVのホームターミナルの間に置いてあるのが、ハードディスクです)

居間にはCATVの配線が来ているのですが、CATVと繋いだ場合、地デジは富山民放+北陸朝日放送になってしまうので、あえて屋根のアンテナと繋いであります。CATVとアンテナを混合すれば、石川の他の民放も映るうえに、アンテナで北陸朝日放送の受信が不安定な日でも安定して観る事が出来ると思い、試しに混合をしてみたのですが、逆に北陸朝日放送映らなくなってしまったので、今回は混合をしませんでした。

CATVはアナログ契約ですが、パススルー方式で地デジの電波も来ているので、各チャンネルの受信レベルを見てみましたが、富山民放とコミュニティーチャンネルの受信レベルが73~74(Panasonic TU-MHD500にて)なのに対して、北陸朝日放送は41と低めでした。北陸朝日放送はBER値も変動していましたので、若干混信の影響を受けているのかも知れませんね。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。