houtou blog

TVやFMラジオの遠距離受信の話題や日常生活など、気ままなblogですが、どうぞお気軽にお読み下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相倉合掌造り

今日はドライブがてら、実家から30分程度で行く事の出来る南砺市平地区の「相倉合掌造り」へ行って来ました。合掌造りは世界遺産であり、富山県内にはもう一つ南砺市上平地区に「菅沼合掌造り」があります。

合掌造り1
「相倉合掌造り」

岐阜県の白川郷にある合掌造りは富山県の合掌造りより規模が大きく、完全に観光地化されているようですが、富山県の合掌造りは意外と素朴で、観光客もそれ程多くありません(^^;
逆にゆっくりと合掌造りを回る事が出来て良いのかも知れませんね(笑

合掌造り2

茅葺きの屋根は何となく趣が感じられますね。どの家も人が暮らしているので、生活感があってまた良いですね。
スポンサーサイト

ネットを使った遠隔視聴

以前より富山でも東京(千葉)のテレビが見られたら便利だと思っていたので、I-O DATAのテレビキャプチャーボード「GV-MVP/RX3」と同社のソフト「どこでもmAgicTV」を使って、遠隔視聴が出来るようにする事にしました。と言いましても私はまだ千葉には戻っていないので、実家のデスクトップパソコンを送信用サーバとし、ノートパソコンを視聴用として実験的に動作をさせてみました。千葉に戻り次第、アパートのデスクトップパソコンを送信用サーバとし、実家のデスクトップパソコンを視聴用パソコンにする予定です。

ロケーションフリー1
テスト用に使うデスクトップパソコンとI-O DATAのテレビキャプチャーボード「GV-MVP/RX3」です。

GV-MVP/RX3
I-O DATA

どこでもmAgicTVI-O DATA

遠隔視聴をする為のソフトは他にもあるのですが、ビットレートや画面サイズが好みに合わせて変えられるなどの点より、あえてI-O DATAのソフトを使う事にしました。ただし、ソフトに対応しているI-O DATAのテレビキャプチャーボードを使う事が前提となりますので、他社製のテレビキャプチャーボードでは使えません。私は一昔前のI-O DATAのテレビキャプチャーボード「GV-MVP/RZ」を持っているのですが、残念ながら非対応でした・・・。

GV-MVP/RX3はPCI型なので、早速デスクトップパソコンに取り付けました。その後ドライバーや遠隔視聴用のソフト「どこでもmAgicTV」の設定をします。

ロケーションフリー2

ロケーションフリー3

視聴用に使うノートパソコンにも「どこでもmAgicTV」をインストールし、送信用サーバのデスクトップパソコンを登録すれば終了です。ネットの設定などはソフト側が自動的にしてくれるようです。

ロケーションフリー4
(左)送信用サーバ (右)視聴用のノートパソコン(新潟放送を受信中)

送信時の画面サイズを720*480、ビットレートを1.5Mbps(最大で2Mbps)でテストをしてみたのですが、全画面表示にしてみても画質は良いようでした。1.5Mbpsなので、素早いシーンでは若干破綻をし易いのですが、個人的にネット配信でこの画質ならばと許容範囲内でした。何よりもリアルタイムで富山から東京のテレビを全局視聴出来るのが嬉しいですね(笑

チャンネルの変更や配信画質の変更も全て視聴用のパソコンから変更が出来ますので、送信用のサーバは電源を入れたままにしておけばOKです。

ロケーションフリー5
視聴用パソコンの操作画面です。リストよりチャンネルを変更する事が出来ます。

今回は自宅内でテストをしましたが、千葉から富山でもしっかりと回線が繋がってくれると良いのですがね(^^;

FM10の設置

10素子のFMアンテナ(以下FM10)の設置日が未定と前回のblogにて書きましたが、昨日は思ったより天候が良く、また強い風も吹いていなかったので、思い切ってFM10を設置してみました。8素子のFMアンテナを1m程下げ、その上にFM10を設置しました。

安全に取り付けられるように、マストを屋根馬ごと倒しました。本当は屋根馬からマストを取り外そうと思ったのですが、屋根馬とマストを固定するボルトが完全に錆びており取り外せる状態では無かったので、屋根馬ごと倒しました(汗
FM10_1
屋根馬を倒し、8素子のFMアンテナの位置を変更した直後です。

FM10は蝶ナットで留める箇所が多く、アンテナを組み立てるだけで1時間近くは掛ってしまった様な気がします・・・。途中でブームの取り付ける順番を誤ったのも原因なのですがね(^^;

何とかアンテナの組み立てが終わり、マストにFM10を取り付けました。
FM10_2
(別角度より)

8素子と10素子のFMアンテナはかなり重いので、2人がかりでマストを立てました。ステーワイヤーを張らないと屋根馬ごと倒れてしまうので、急いでステーワイヤーを張りました(笑

肝心の感度ですが、FM長野は完全にサーっと言うノイズは取れませんでした。8素子のアンテナと10素子のアンテナでは感度にそれ程差が出ないので、無理はないのかも知れませんね。

アンテナの向きを合わせている時に気が付いたのですが、7月に開局したFMかほくと言うコミュニティーFM局(石川県かほく市)は、長野方向の山でうまい具合に反射をしている様で、アンテナの向きが正反対にあたる長野向きのFM10でも、正しく送信塔に向けた8素子のFMアンテナと同等(SINPO=45444)に受信が出来るようです。

FM10_3
全てのアンテナを取り付けた直後です。上から長野・関東向け、石川・関西向け、富山市向け(垂直)となります。

さすがに10素子と8素子、5素子のFMアンテナが3本並んでいる光景は、凄まじい光景になっていますね(滝汗
ステーワイヤーも全て張り直したので、台風が来ても大丈夫かと思います。

FM10の設置予定

土曜日に大学のオープンキャンパスがあったので、一旦千葉に戻ったのですが、本日また富山に戻って来ました。高速バスを使って行き来をしようかと思ったのですが、千葉に戻っている間に東京の方へ行く用事もあったので、JR西日本の「首都圏往復フリーキップ」を使って行き来をして来ました(笑

さて、そろそろ以前購入したFM10を設置したいのですが、最近は急に雨が降り出すこともあるので、天候を見ながらでないと、なかなか設置をする事が出来ませんね・・・。FM10は全長が4.3m、重さが4.8Kgあると言う事で、安全面を考えると2人で設置をしたいですね。万が一事故でも起きると話になりませんからね(^^;

予定では千葉に戻るまでには設置をするつもりですが、天候不順など場合によっては、来年の春か夏まで持ち越しになる可能性もありますね(汗

ディスコーンアンテナ

今年の2月にワイドバンドレシーバー(ユピテルのMVT-7300)を買ったのですが、千葉のアパートではあまり多くの局は受信出来ないので、千葉のアパートから実家に持って来て、実家の屋根にディスコーンアンテナを設置してみました。

ディスコーン1
第一電波工業社のディスコーンアンテナ(D130)とコメット社のウィンドウケーブル(CTC-50M)です。ウィンドウケーブルは窓からケーブルを通す為に購入しました。

ディスコーンアンテナを組み立てるのは今回が初めてなのですが、テレビのアンテナと違い、ネジなどの細かいパーツが多いのですね(^^;
組み立てたディスコーンアンテナを庭に出して、早速感度のテストをしてみました。

ディスコーン2

ちょうど防災無線から時報の音楽が流れたので受信をしてみたところ、地元の福光局以外に、井口局・井波局・上平局・利賀村局の防災無線が受信出来ました。ちなみにレシーバーのホイップアンテナでは、上平局や利賀村局は遠すぎて受信が出来ませんでした。この2局の電波は山々を超えて飛んで来るのですから、電波自体はそれ程強くないと思います。
上記の局は合併により現在は全て南砺市に含まれるのですが、多分南砺市内の防災無線局は全て受信出来るのではないかと思いますね。

庭に置いておいても仕方がないので、屋根に設置をしました。ちょうど空いていたサイドベースがあったので、そこにマストを設置してディスコーンアンテナを設置しました。

ディスコーン3

テレビのアンテナと違い、形が異様なので目立ちますね・・・。どうも家族からの評判はあまり宜しくないようです(汗

周波数が分からないのと不便なので、三才ブックスが出版している「周波数帳2008」を買って来ました。

周波数帳

もはや辞書並みの分厚さですね(爆

ローソン巡り

全国のローソンにて、「崖の上のポニョ」のクリアファイルプレゼントのキャンペーンが本日より始まったので、私も早速貰って来ました。

※クリアファイルを貰う為には対象商品であるお菓子を2個、もしくは500円の花火を1個買わなければなりません。

崖の上のポニョキャンペーンローソンHPより)

ローソンのHPには“一部キャンペーンを実施していない店舗もある”と載っており、私の実家のような田舎の場合は、確実にキャンペーンを実施しているのか気になったので、南砺市内にある4つの店舗のうち、南砺福光店(旧福光町)・城端町野田店(旧城端町)・井口池尻店(旧井口村)の3店舗を周って来ました。

結果としましては、城端町野田店以外はキャンペーンを実施していました。城端町野田店でキャンペーンについて確認をしたところ、特に何も聞いていないとの事でした・・・(苦笑
やはりローソンのHPに書いてあったように、一部の店舗ではキャンペーンを実施していないようですね。

このクリアファイルは全部で3種類あるのですが、せっかくなので3種類とも集めて来ました(笑
クリアファイル

クリアファイルなので、実用化は出来そうですね。

水平スタック

納屋の方に使ってないLS30とアンテナ方向を固定するブームが余っていたので、アンテナ方向固定ブームの金具をすべて取り外して、スタック用のブームとして使ってみました。

水平2
2列に並べたところです。石川の放送を受信していたLS30の方向固定ブームが余ったので、スタック用のブームに取り付け、2本のLS30から加わる質量と強風対策の補強をしました。

水平1
ちなみにこちらは水平スタックを組む前の様子です。

HABデジタルと新潟テレビ21デジタルとの混信を低減する事が目的なので、HABデジタルの受信レベルを見ながら間隔を調整していきました。しかしかながら調整がうまくいっていないのか、新潟テレビ21デジタルからの混信により、HABデジタル受信レベルの変動が激しく(映ったり映らなかったり)、そこそこ安定したところで調整をやめました。もしかしたら単に新潟デジタルの電波が弱まっただけかも知れませんが・・・(汗

調整後混信により受信状態が不安定なテレビ金沢デジタルやHABデジタル、NHK金沢デジタルをしばらく見ていたのですが、あまりにも新潟デジタルの電波が強くなると映らなくなるようです・・・。やはり同一方向からの混信を低減するのはなかなか難しいようで、あまり水平スタックの効果は出ていないようでした。専門の方が水平スタックを組まれると、もっと効果が出るのかも知れませんね(^^;

後で気が付いたのですが、今回受信レベルの確認用に使った東芝のHDD/DVDレコーダー(RD-E300)では、問題なくテレビ金沢デジタルやHABデジタルが映るのに対して、富士通製の単体デジタルチューナー( P-TU2000JS・松下製 TU-MHD500のOEM)ではブロックノイズがひどく、もしくはブラックアウトをしてしまい、見るに堪えれないと言う事が分かりました。祖母の部屋にあるbydsignの液晶テレビでも同様の事が起きていました。

混信などにより電波の品質が悪い場合は、メーカーや機器によって復調性能には差が出てしまうようですね。我が家では東芝のHDD/DVDレコーダー>bydsignの液晶テレビ>松下製の単体デジタルチューナーの順で復調性能に差がつきました。

美ヶ原訪問

昨日は松本で1泊をし、今日は長野で1泊をしています。今年は帰省のついでに長野の美ヶ原へ寄って来ると先月書きましたが、今日は美ヶ原へ登って来ました。幸いにも天候には恵まれていて良かったです。
(ちなみにこの日記はホテルの部屋に設けてある有線LANに、自分のノートパソコンを接続して書いています)

美ヶ原へはこの時期急行バスが出ているので、それを利用しました。松本のバスターミナルから美ヶ原自然保護センターまで往復で2,700円です。

美ヶ原へ行くのは今回が初めてなのですが、放送各局の送信塔群には圧倒されますね。私にとって初めての本格的な送信所訪問となりました。

電波塔
美ヶ原自然保護センター駐車場より

初めてこの美ヶ原に送信塔を建てたのは信越放送と言う事で、信越放送の送信塔の横には「電波銀座をを拓く」と石碑があります。

SBC
石碑
信越放送の送信塔と石碑です。

信越放送の送信塔からはFM長野の電波も発射されているとの事で、ここから発射された電波が遠く南砺市福光までも届いているのですね。

真夏でしたが、さすがに2,000mも登ると気温はかなり涼しかったです。やはり高原はいいですね(笑
高原

余談ですが、美ヶ原自然保護センターと売店の両方とも、受信アンテナがかなり適当に設置されていました。
アンテナ
売店側の受信アンテナです。

UHFアンテナはともかく、VHFアンテナは給電部のみがぶら下がっている(しかも垂直!?)だけでした(爆
目の前が送信塔なので、受信に影響は無さそうですがね・・・。


明日(13日)の夕方には長野を離れ、地元に帰ります。千葉を11日に出発しているので、かなり寄り道をしている事になりますね(^^;

崖の上のポニョ

千葉に来てから1度も映画館へ行った事が無かったのですが、今日初めて「京成ローザ10」と言う千葉駅付近にある映画館へ行って来ました。見てきた映画は宮崎駿監督の最新作「崖の上のポニョ」です。
内容は比較的簡単なので(部類分けをするとしたらとなりのトトロ系ですね)、私の頭でもしっかりと内容は理解できました(爆
ポニョも可愛くて良かったのですが、一番驚いたのはエンディングのクレジットの短さですね。多分ジブリ映画の中で一番短いと思います。

崖の上のポニョ

京成ローザ10

夏休みとだけあってか、映画館には平日にも関わらずそこそこな人が居ましたね。今回はあえてDLP設備(デジタルシネマ)のあるシアターで「崖の上のポニョ」を見たのですが、なぜか画面のちらつきが気になりましたね。DLPで見るのは今回が初めてなのですが、こう言ったものなのか・・・ちょっと疑問を持ちつつ帰って来ました(^^;

もしかしたらDLPではなく、フィルムで上映をしていたのかも知れませんね。よくよく考えてみると、スクリーンの右上にはフィルムを交換するマークも出ていましたし、その後フィルムが交換されたと思われる場面もありましたので・・・。

無線ショップ

今日は時間があったので秋葉原へ出かけていました。秋葉原へ行くとたいてい「富士無線電機」へ寄って来るのですが、店内に置いてあったローテーターに非常にひかれましたね(^^;
メインはTV/FMと言う事で、もしローテーターを購入するとしたらYAESUのG-250を、現在8素子のFMアンテナが取り付けてあるマストに取り付けたいですね。ただ、今のところローテーター用の電源ケーブルを通せる穴が無いので、ローテーターの取り付けは保留です。もし通すとしたら壁に穴を開けるしかないですね(笑

しばらくは長野方面に10素子、石川・関西方面に8素子FMアンテナと言う形をとっておこうと思います。富山City-FMを受信している5素子のFMアンテナ(垂直偏波)は、別の場所に移動をすべきか迷っています。出来れば家の大屋根に立っているマストの方へ移動をしたいのですが、大屋根は登りにくいので、移動は困難かも知れませんね・・・。

さて、話は変わりますが、ヨドバシアキバのオーディオ機器のコーナーをブラブラしていると、ONKYOの2.1chAVセンターアンプ「BASE-V20HD」が目に留まりました。「DTSサラウンドセンセーション」の搭載により2.1chでありながら、5.1chのようなバーチャルサラウンドが楽しめるようです。

2.1chシアターパッケージ・BASE-V20HD(B/D)ONKYO HPより)

「ドルビーTrueHD」や「DTS-HDマスターオーディオ」など、Blu-rayにも採用されているHDオーディオ規格にも対応しているとの事で、長く使っていけるのではないかと思いました。商品名は2.1chシアターパッケージとなっていますが、別途パワーアンプを繋ぐ事でで7.1chまで対応が出来るようです。

AVセンター
せっかくなので、パンフレットだけでも・・・(笑

設定メニュー画面の異変

以前から気になっていた事なのですが、東芝のHDD/DVDレコーダー(RD-S600)の設定メニュー画面を操作している時に、時々メニュー画面がおかしくなる事があるようです。

メニュー2
なぜかバックに放送画面が映し出されているメニュー画面

メニュー1
正常なメニュー画面

「デジタル放送のお知らせ」を選択した後に、元のメニュー画面に戻ったところ上記の現象が発生しましたが、次に同じ操作をした時は発生しませんでした。「デジタル放送のお知らせ」画面では放送画面がバックに映し出されるのですが、その後設定メニューに戻った際にメニュー画面の処理がうまくいかないのか、画面がおかしくなるようです(^^;

メニュー3
「デジタル放送のお知らせ」画面

HABデジタルの再送信に関して

富山県内のCATV局でHABデジタルの再送信が開始されてから2週間程度が経ちますが、今のところ新潟デジタルによる受信障害は見られないようですね。かなり受信状態が安定しているようなので、どこに受信アンテナを設置しているのか気になります。
石川県のアナログ放送は南砺市の城端地区で受信し、県内のCATV局へ配信をしていると以前地元のCATV局から聞いた事がありますが、デジタル放送も城端地区で受信をしているのかは不明です(^^;

もしかすると富山県と石川県の県境付近で受信をし、ケーブルで引いている可能性もありますね。(あくまでも個人的な予想なので、ご了承下さい)

今年の夏は10日程度帰省をする予定だったのですが、もう2週間程度延長をしてみようかと思っています。その間にまたHABデジタルが安定して受信が出来るようにアンテナを調整してみるつもりですが、かなり困難なように思えます(汗

10素子のFMアンテナ

大学の期末テストや部活動の合宿も終わり、ようやく夏休みに突入出来ました(笑
今年の合宿は千葉県の九十九里へ海水浴をしに、2泊3日で行って来ました。

九十九里
九十九里の一宮海水浴場です。

波が2m以上とかなり高く、生まれて初めてこれ程波の高い海で海水浴をしました。ライフセーバーの方から「そこの団体、あまり沖に行かないように!」と言われたのは言うまでもありません(汗
毎年海→山→海と交互に合宿先を変えているので、来年は山の番です。個人的には山の方が好きですね。

さて、お隣の石川県のかほく市にNPO法人による「FMかほく」が7月21日に開局しましたが、実家でもノイズ混じりで聞こえるようですね。送信所が内灘の風力発電の近くにあると言う事で、富山県の西部でも一部受信が出来るようですね。

夏場は鳥取方面から異常伝播によりFM山陰などの電波が強く届くので、今度帰った時にFM長野を受信している8素子のFMアンテナを鳥取方面(関西・石川方面も兼用)に向けてみようと思います。時々関西のFM局の電波も飛んでくるようなので、それらも受信が出来たら最高ですね。
なおFM長野は8素子のFMアンテナから、10素子のFMアンテナ(マスプロ・FM10)へ格上げをする事になりました(爆

10素子のFMアンテナはあまり設置している家を見かけませんが、実家から数キロ先に富山市方面に10素子のFMアンテナを設置している家があります。かなり年期の入ったアンテナなので、昔のエアチャックの残りかと思います。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。