houtou blog

TVやFMラジオの遠距離受信の話題や日常生活など、気ままなblogですが、どうぞお気軽にお読み下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりの長野放送

最近朝方に寝る事が多いのですが、ふとテレビ埼玉(アナログ・38ch)を入れてみたところ、同一チャンネルである長野放送のカラーバーが比較的奇麗に映っていました。
NBSカラーバー

若干画面が波打っているのは、同一チャンネルであるNHK東京教育(東金中継局)からの混信です。NHKは基本的に停波はしませんので・・・。
長野放送とテレビ埼玉は普段は互いに激しい混信をしている事が多いのですが、今回はテレビ埼玉が停波していたので、安定して受信が出来たようです。長野放送は以前にも同じ理由で受信が出来た事がありますが、その時よりは安定して受信が出来ていました。

長野放送(houtou blog・2007年5月14日)
長野放送のOP(houtou blog・2007年7月30日)

NBS OP

長野放送はテレビ埼玉さえ停波していれば受信が出来るのですが、他の長野の局は電波が届いていないのか、一度も受信が出来た事がありません・・・。未確認ですが、送信アンテナの指向性が局によって異なっているのかも知れませんね(^^;
スポンサーサイト

レミーのおいしいレストラン

日曜日に「レミーのおいしいレストラン」と言うピクサー作品のBlu-ray Discを買って来ました(笑
レミーのおいしいレストラン

Blu-ray Discのコーナーでどんな作品があるのか眺めていたのですが、さすがに私以外は誰もBlu-ray Discのコーナーには居ませんでした。Blu-rayレコーダーがぼちぼち普及してきたとは言え、まだDVDが主流ですからね(汗
レジに持って行った時は横から他の店員が入って来て、レジの人にBlu-ray Discである事を確認するように言っていましたからね・・・(^^;

この「レミーのおいしいレストラン」と言う作品はCG作品なのですが、さすがに高解像度だけあって、ネズミの毛の一本一本が驚くくらい奇麗に見えますね。この辺りはDVDとの画質の差を大きく感じさせますね。
唯一気になる点と言えば、レジュームがこのBlu-ray Discでは出来ない事ですね。これはディスクの仕様のようで、一旦停止ボタンを押すと必ず初めからの再生になってしまうようです。ちょっと使い勝手が悪いですね(苦笑

液晶テレビのバージョンアップ

昨日の話になりますが、家に帰って来ていつもの様にテレビ(REGZA・Z3500)の電源をつけたところ、ちょうどソフトウェアのバージョンアップ中だったようで、10分程操作が出来ませんでした(^^;
Ver.UP
テレビをつけた時は一瞬何が起こったのかと思いましたね(爆

ソフトウェアのバージョンアップ中もテレビの視聴・操作が出来ると良いのですが、バージョンアップ後は自動的にテレビが再起動されたので、バージョンアップ中はブルーバックにしておくしかないのかも知れませんね。

Z3500シリーズ ダウンロード予定時間東芝HPより)


さて、前々から話題になっていた「ダビング10」問題ですが、ようやく7月上旬に運用が開始されるようですね。「ダビング10」問題に関しては各電機メーカーと著作権団体が争っていた訳ですが、最終的にはブルーレイ対応録画機とブルーレイディスクに補償金を課す事で合意したようですね。ただし、HDDへの補償金問題は解決をしていないようなので、当分の間は両者の話し合いが続きそうですね・・・。

ダビング10 7月5日軸に調整 総務省検討委で開始合意毎日jpより)

D-VHSテープとS-VHSテープ

以前D-VHSテープとS-VHSテープをまとめ買いしたのですが、思ったよりも早くBlu-rayレコーダーを導入してしまった為、これらのテープは今後使う機会が減りそうです。

まとめ買い(houtou blog・2007年9月20日)

在庫数の確認をしてみたところ、D-VHSテープ(HS:2.5時間)・S-VHSテープ(120分)がそれぞれ14本(計28本)ありました(笑

D-VHSテープ・S-VHSテープ

D-VHSテープ・S-VHSテープをそれぞれ15本ずつ(計30本)購入したのですが、放送時間が2時間に満たない番組をD-VHSデッキでHD録画をする場合は、120分のS-VHSテープを代用していた為、結局新しく購入したD-VHSテープは1本しか使わなかったようです。S-VHSテープに関しては元々在庫数が多かったので、こちらも新しく追加したS-VHSテープは1本使っただけでした。

S-VHSテープに関しては知り合いに譲る事にしたのですが、問題はD-VHSテープですね。さすがに知り合いでD-VHSデッキを所有している者は居ませんので(苦笑
オークションにでも出せば売れるかも知れませんが、Blu-rayメディアの値段も下がった今としては、あまり値は付かないかも知れませんね(^^;

BDZ-X90の設置

土曜日にソニーのBlu-rayレコーダー(BDZ-X90)が届いたので、早速設置をしてみました。
BD-1

BD-2
箱には沢山のロゴが書いてありますね(^^;

設置場所としてRD-S600の上を空けておいたのですが、思ったよりBDZ-X90は大きいようで、スペースがギリギリでした。

BD-3

ソニーのレコーダーは今回初めて使うのですが、特に戸惑う事もなく使えそうですね。XMB(クロスメディアバー)は私の所有している機器の中では初なので、結構面白みがあって楽しいです(爆
XMBはカクカクするという話も聞いた事があるのですが、私はそれ程気になりませんでした。

BD-4
ビデオの項目一覧です。

東芝のRD-S600には録画中の制約がありましたが、ソニーのBDZ-X90にも録画中は制約があるようですね。RD-S600ではデジタルチューナー2(TS2)で録画中はHDD内の番組を見る事は出来ませんでしたが、BDZ-X90にはデジタルチューナー1(録画1)で録画中はチャンネルを変える事が出来ないという、変わった制約があるようです・・・。デジタルチューナー2(録画2)で録画をすればチャンネルは変えられるようですが、今度はおまかせチャプターが付かないので、普段はデジタルチューナー1(録画1)で録画をしたいですね。

デジタルチューナー2(録画2)で録画をすると制約がかかるのは分かるのですが(出来れば制約は無い方が良いのですがね)、デジタルチューナー1(録画1)に制約がかかるのはちょっと不思議です。元々買う前から制約については一通り知っていたのですが、ソニーさんこの辺りの制約をアップデートで改善は出来ませんかね?(笑

この機種ではリモート予約がGガイドモバイル(auの場合はau one テレビ)から出来るようなので、早速設定を済まして試してみました。RD-S600にもメール予約という同様の機能があったのですが、こちらは決められた時間毎のメール受信(電源OFF時:2時・5時・8時・11時・14時・17時・20時・23時 電源ON時:5~120分毎の設定が可能)による予約だったので、時々メールを受信した時には番組が既に始まっているなど、とっさの予約には予約エラーとなり対応が出来ない事がありました。さすがに普段から電源を入れっぱなしにしている訳ではありませんからね(汗

BDZ-X90のリモート予約はリアルタイムで予約が出来るようで、上記のGガイドモバイルから予約をするとすぐにBDZ-X90の予約リストに反映されました。リアルタイムで予約が反映されるのは、中々便利そうですね。

岩手・宮城で震度6強の地震

本日は届いたソニーのBlu-rayレコーダー(BDZ-X90)について書く予定でしたが、岩手・宮城で震度6強の地震「岩手・宮城内陸地震」が発生した為、そちらについて書きたいと思います。
私は部屋が揺れているのに気が付いて起きたのですが、まさか東北で震度6強の地震が起きているとは思ってもいませんでしたね(^^;

岩手・宮城内陸地震1

私の中で記憶に新しい身近な大地震は以下の3つですね。

2004年10月23日:新潟県中越地震 「地震」 (houtou blog 2004年10月23日)
2007年3月25日:能登沖地震 「大地震」 (houtou blog・2007年3月25日)
2007年7月16日:新潟県中越沖地震 「新潟・長野で震度6強」 (houtou blog・2007年7月16日)

どうも年に1回は大地震が起きているような気がしますね。

今回の地震でも緊急地震速報は発動しましたが、やはり震源地では間に合わなかったようですね。震源地ではP波とS波の到達時間が極端に短いですし、システム的には難しい部分があるようですね。

9時20分頃に起きた地震の緊急地震速報は見ていましたが、その後は実際に地震が起きていた点を考えると、現段階では震源地の周辺では有効なシステムですね。この先震源地でも緊急地震速報が間に合うように、システムの精度が上がる事を期待したいですね。

岩手・宮城内陸地震2
9時20分頃に発生した地震の緊急地震速報
岩手・宮城内陸地震3
9時20分頃に発生した地震

岩手・宮城県の方々、その周辺各県の方々は今後も余震が続くと思われますので、十分にお気を付けて下さい。またこの地震で6人の方がお亡くなりになられたと言う事で、ご冥福をお祈りしたいと思います。

不在通知

本日バイトから帰ってきたところ、家のポストに不在通知が入っていました。「LABI様からの荷物」と書いてあったので、間違いなく先週の日曜日にLABI池袋で買ったソニーのBlu-rayレコーダー(BDZ-X90)ですね。在庫が無いので配達まで10日前後かかると聞いていたのですが、思ったよりも早く届きました(笑
届いても現状では設置をする場所が無かったので、RD-S600の上に設置していたSPACE DiVAのチューナーを移動し、RD-S600の上に設置する事にしました。

RD-S600の上

新しくBlu-rayレコーダーを追加する事によって配線が増えるので、新しく引かなければならない配線(PV4と繋がっているD端子・光セレクターまでのD端子や光ケーブルなど)は予め引いておき、後は繋ぐだけの状態にしておきました。毎回思うのですが、AVラックの裏が配線でぐちゃぐちゃになっているので、新しく配線を増やしたり減らしたりする時は、大抵途中でどの配線がどの機器に繋がっているのか分からなくなります(苦笑

BSと110度CSはRD-S600→S-VHSビデオデッキ→2分配→液晶テレビ・デジタルチューナーの順で繋がっているので、RD-S600の手前にBDZ-X90を繋ごうかと思っています。
今のところ大きな減衰は起きていないようで、どの機器でも正常にBSと110度CSは受信が出来ますが、もしBDZ-X90を追加する事により受信レベルが下がるようであれば、ブースターの導入も検討したいですね。地デジに関しては、卓上ブースターで再増幅をしているので、特に問題は無さそうです(^^;

(続)DVD-Rの書き込みエラー

先日DVD-Rの書き込みエラーについて書きましたが、その後残りのディスク全てに不具合が生じた為、本日東京方面へ出かけたついでに秋葉原へ寄って新しく2層DVD-Rを買って来ました。
その不具合は以下のような感じです。

・書き込みの開始・途中でエラーが発生
・ブランクメディアとして認識が出来ない(ノーディスク状態)
・例え書き込めても正常に読み取りが出来ない
・焼きむらが発生する

やはり下手な安物買いは避けた方が良さそうですね。もともと面白半分でこの2層DVD-Rは購入したのですが、ある意味予想通りの結果になってしまったような気がします(^^;
初めの何枚かは正常に書き込めていたのですがね・・・。

2層DVD-R(houtou blog・2008年3月30日)
DVD-Rの書き込みエラー(houtou blog・2008年6月3日)

今回は三菱の2層DVD-Rを購入して来ました。あきばお~で1,699円(スピンドル・10枚)と、前回買ったCMC製の1,480円(スピンドル・10枚)の2層DVD-Rと大差はありません。

2層DVD-R
BDメディアも量販店で買うよりは安かったので(5,097円)、ついでに買って来ました。

早速書き込みをしてみましたが、ドライブから変な異音もせず正常に書き込みが出来ました。CMC製の2層DVD-Rでは正常に読み取れないのか、ディスクを入れた途端ドライブから“コツコツ”と変な異音がしていましたからね・・・(汗

BDZ-X90

今日は朝から東京に行く予定があったので、新橋・渋谷・池袋に行って来ました。池袋のLABIヤマダにてSONYのBlu-rayレコーダー(BDZ-X90)が15万円を切る価格で売っていると価格.comのクチコミに載っていたので、早速行ってみました。
Blu-rayのコーナーに行ったところ、BDZ-X90が15万円ちょっと(端数は忘れました)の値札の上に「さらに値引きます」の張り紙が貼ってあったので、店員にどこまで下がるのか聞いてみたところ148,000円の25%ポイント還元と言う事でした。さらに下がらないか聞いてみたのですが、これが限界との事でした(^^;

ポイントの還元率を考えると111,000円で購入が出来る事が分かったので、購入をする事にしました。11万円台は結構安いのではないかと思いますね(笑
ただ、在庫が無いようで商品の配達が10日前後になるようです。今回はカード決済で購入をしたのですが、1回払いだったので送料が無料になりました。

Blu-rayレコーダーと液晶テレビ(REGZA 37Z3500)を繋ぐ為にはHDMIケーブルを購入しなければならないので、これらの小物は今回還元して貰ったポイントで買って来ました。意外と本体以外の物でお金が掛かったりするのですよね・・・(汗

HDMIケーブル
LANケーブル・スイッチングハブ・D端子ケーブル・光ケーブル・HDMIケーブル・BD-R(5枚)
D端子ケーブルと光ケーブルはPV4へ繋がっているD端子セレクターへ繋げる為です。BDZ-X90はネットに繋げられるのですが、ルーターの空きポートが既に無いのでハブも買って来ました(笑


話は変わりますが、今日は秋葉原で通り魔事件があったようですね。本当は秋葉原にも行く予定だったのですが、結局歩き疲れてしまったので行くのを止めてしまったのですが、恐ろしい光景が広がっていたのですね。
お亡くなりになられた方には心よりご冥福をお祈り致します。

クロスメディアバー

SONYのBlu-rayレコーダーの導入を検討しているのですが、最近のSONYのデジタル家電(液晶テレビ・PS3・HDD/DVDレコーダー等)は、皆メニューの表示形態がXMB(クロスメディアバー)なんですよね。実家でPS3やPSPに触れてきた時は結構好印象だった覚えがあります(笑
SONYのサイトにXMBの体験ページがありましたので、参考までに貼っておきますね。

体験!XMB(SONY Driveより)

現在デジタル放送を録画をするには東芝のRD-S600とD-VHSデッキ(REGZA 37Z3500とi.LINK接続)を使っているので、同時に3番組まで録画が出来るのですが、新たにBlu-rayレコーダーを導入することにより、5番組の録画が同時に出来るようになります(爆
普段録画をしても1番組ぐらいなので、5番組も同時に録画する事はまず無さそうですね(^^;

DVD-Rの書き込みエラー

春休み中に買った10枚で1,480円の2層DVD-Rですが、若干ディスクの品質に問題があるのか、時々書き込みエラーが発生します。

2層DVD-R
10枚入りのスピンドルパックです。

今使っているDVDドライブ(LITE-ON・LH-20A1S)は3月から4月にかけて150枚近くのDVD-Rを焼くなど、少しばかりハードな使い方をしているので、ついにドライブが故障してしまったのかと思い、別のDVDドライブ(松下・SW-9587)に交換をして書き込みをしてみたところ、ディスクを入れた瞬間エラーが発生してしまったので、ディスクの品質にはばらつきがあるようです。

この2層DVD-RはCPRMに対応しており、HDD/DVDレコーダーでデジタル放送の録画が可能なのですが、書き込みエラーを考えるとコピーワンスの番組をムーブするのはさすがに怖いですね。ダビング10の運用が開始されれば、多少の書き込みエラーは無視出来るかも知れませんが、現状では書き込みエラーが発生すると、DVD-Rへ移動した分はHDDの中から消されてしまっているので、番組の復元が出来ませんからね・・・。
安定した書き込みを求めるのであれば少し値は張りますが、やはり国産のDVD-Rを使うのが一番なのかも知れませんね(^^;

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。